「連ドラ4連敗」石原さとみが「深田恭子・綾瀬はるかクラス」から格落ち!再起のカギは「1食350円」超庶民派CM!?

拡大画像を見る

 女優の永野芽郁(22)が主演を務め、石原さとみ(34)が初の母親役に挑戦した映画『そして、バトンは渡された』が10月29日に公開された。

 石原は母親を演じるにあたって「想像以上に冬服だったので、全然肌が出てなくて、表現できるのが顔だけだと思って。ちゃんと戻せる範囲で顔をやせさせました。食事制限や顔のマッサージをしながら。私、顔があんまり落ちなくて、それがすごく困ったんですけど。固形物をやめましたね。そんなに苦ではなかったです」と、衣装に合わせた役作りに励んだと明かしている。

「ダイエットに励むなど、女優魂を垣間見せる石原さん。同作の観客動員は好調のようですが、ここ最近、主演ドラマではヒット作に恵まれていません。かつては同じ事務所の深田恭子さん(39)、綾瀬はるかさん(36)とともに“ホリプロ3人娘”と言われ、連ドラの主演を次々と張るトップ女優の座にありましたが、現状、その2人と同列とはとても言えず、石原さんだけ“格落ち感”が否めないですね」(芸能プロ関係者)

 石原が主演を務めた2016年10月クールのドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)は平均視聴率12.4%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、2018年1月期の『アンナチュラル』(TBS系)は平均11.1%と2ケタ超えを記録。

 しかし、『アンナチュラル』以降の主演ドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)、『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』(TBS系)、『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)、今年4月クールの『恋はDeepに』(日本テレビ系)は、いずれも平均視聴率が1ケタ台で“4連敗”を喫している。

■“4連敗”石原さとみは“子会社”所属の波瑠に完敗

 前出の芸能プロ関係者は話す。

「ここ最近は、石原さんの所属事務所の子会社にあたる事務所に所属している波瑠さん(30)の活躍が目覚ましく、7月クールの主演ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)でもしっかり結果を残しました。波瑠さんは、すでに来年1月クールと7月クールにも主演ドラマが決まっているといいますからね。

 これは、石原さんの主演作の連敗が続いていたことも関係しているかもしれません。また波瑠さんだけじゃなく、映画『そして、バトンは渡された』で共演している永野さん、NHK朝ドラ『おかえりモネ』でヒロインを務めた清原果耶さん(19)など、今、若手女優の突き上げが著しい。石原さんは勢いのある彼女たちに、主演女優の座を脅かされていると言えそうです。

 そんな石原さんは、昨年10月に一般男性と結婚することを発表しましたが、結婚に先駆けて、石原さんは“路線変更”や“キャラチェンジ”を図ったとささやかれています。その象徴的な事例が『すき家』のCMへの出演です」

 石原は2020年7月から日本国内店舗数最多を誇る牛丼チェーン『すき家』のCMに出演している。

「それまで石原さんは花王、サントリー、三菱東京UFJ銀行、東京メトロなどのCMに出演していましたが、飲食チェーンのCMには出演してこなかった。それはイメージをキープするためでもあったはずです」(前同)

■庶民派「すき家」CM出演を機に路線変更!?

 深田はユニクロ、横浜ゴム、キリンビバレッジなど、綾瀬もユニクロ、SK-Ⅱ、江崎グリコ、パナソニック、コカ・コーラといった大手メーカー、ナショナルクライアントのCMに出演している。

「そんな中、石原さんは牛丼並盛1杯350円の“超庶民派“の代表的存在であるすき家のCMに出演するようになったんです。これまでも、石原さんには大手飲食チェーンからのCM出演のオファーはあったようです。ただ、これまではなるべくラグジュアリーな雰囲気を出し、それほど生活感を出さないような売り出し方をしていた。

 しかし、ドラマでの連敗や結婚を迎えるにあたって、キャラチェンジを図ろうとなったのではないでしょうか。トップ女優の石原さんが牛丼チェーンのCMに出るのはインパクトがありますから、すき家にとってもプラスになったはずです。

 実際、石原さんは映画『そして、バトンは渡された』で初の母親役に挑戦するなど、新たな一面を見せてくれています。すき家のCM出演が、石原さんにとって、連敗を抜け出すためのカギになっているとも言えるのかもしれません」(前出の芸能プロ関係者)

 庶民派キャラで、石原は「ドラマ連敗」から脱出することはできるのだろうか!?

関連リンク

  • 11/14 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます