ブリトニー・スピアーズ、後見人制度終了でセレブ達から祝福メッセージが続々届く「ついに自由よ!」

拡大画像を見る

現地時間12日に米ロサンゼルスで行われた審問において、ブレンダ・ペニー判事が「ブリトニー・ジーン・スピアーズの人物と財産の後見人制度は、もはや必要ありません」と述べ、2008年から続いていた同制度を即日終了させた。

ペニー判事は、一時的な保佐人である会計士が一定の権限を保持することを明記するといった2つの注意点を付け加えたうえで、法規制に関する判決は「今日から有効であり、それによって終了する」と伝えた。

ブリトニー・スピアーズは精神的に不安定になったことから、2008年に父親ジェイミー・スピアーズさんが彼女のキャリアや財産、私生活などを管理する後見人になった。

ジェイミーさんは2019年に体調を崩したため後見人を降り、一時的にケアマネージャーのジョディ・モントゴメリーさんが代理を務めた。その後もブリトニーの財産管理においては、ジェイミーさんが後見人として資産管理会社と管理を行っていた。

今年6月にはブリトニーが初めて審問で発言し、後見人制度は「まるで性的目的の人身売買のようだ」と述べるなど父親のジェイミーさんや他の担当者を非難していた。

8月にはジェイミーさんが後見人を辞任することに同意。翌9月にはブリトニーが長年の恋人サム・アスガリさん(27)との婚約を発表した。10月に行われた審理では、ジェイミーさんを後見人から外すことにペニー判事が同意したばかりだった。

そして今回、ようやく後見人制度の終了が決定した数分後、サムさんは自身のInstagramでピンクの地色に「自由(FREEDOM)」と書かれた画像を投稿、「今日、歴史が作られた。ブリトニーは自由だ!」との言葉を添え、喜びを伝えた。

この日、裁判所の外にはブリトニーの解放を求める「#FreeBritney」キャンペーンを行う多数のファンが集まっており、決定を知った瞬間には大きな歓声が沸き上がった。

ブリトニーはその様子を自身のSNSで公開し、「なんてこと。私のファンのことをもの凄く愛してるわ。今日は一日泣いてしまいそう。これまでで最高の一日。神を称えるわ。アーメン」と綴っている。

このほかSNSでは、彼女を支持する多くのセレブ達による喜びのコメントで溢れ返った。

歌手シンディ・ローパーは「おめでとう!」、シェールは「ワオーーーーー!! 彼女は自由、自由、自由、自由!!」、米司会者アンディ・コーエンが「ブリトニー:自由!」などと記している。

パリス・ヒルトンはブリトニーとのツーショットを公開し、「ついにこの日が来たことを、とても喜んでいるわ。この瞬間は、長い間待ち望まれていたわね。ブリトニーはついに自由よ! あなたは最も回復力があり、親切で刺激的な魂の持ち主。みんなあなたを愛してる。最高の日々はこれからね!」と言葉を添えた。

画像は『Britney Spears 2021年11月11日付Instagram「A never before seen shot from Project Rose」』『Sam Asghari 2021年11月11日付Instagram「Loading….」、2021年11月12日付Instagram「History was made today.」』『Paris Hilton 2021年11月13日付Twitter「I’m so happy that this day has finally come.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連リンク

  • 11/14 6:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます