「離別妻」7人「第2の人生設計」を極秘公開(4)鈴木保奈美は長女のステージママに?

拡大画像を見る

 今年7月にとんねるずの石橋貴明(60)と23年間の夫婦生活にピリオドを打ったのは、鈴木保奈美(55)。離婚後は特にドラマや映画の出演作はないが、22年春夏のパリ・ファッションウイークの日本における公式アンバサダーに就任するなど、オシャレ熟女の道を歩み始めた。

「インスタもファッション誌のグラビアのオフショット写真が中心で、イメージ作りに専念しています」(芸能記者)

 自己プロデュースに余念がない鈴木には、別の計画もあった。

「石橋との間に3女を授かっていますが、長女が芸能界に興味を持っているそうです。ただ、これまでは石橋が芸能界入りに反対でした。その足かせがなくなったことでステージママとしてプロデュースし、芸能界デビューを模索しているそうです」(芸能プロ関係者)

 さしずめ、第2の工藤静香となるか。

 吉瀬美智子(46)も、4月に10歳年上の実業家との電撃離婚を発表した。

「ドラマや映画のオファーは相変わらず多いのですが、子育てもあるので、スケジュールを調整しながら作品を選んでいます」(芸能記者)

 離婚して吹っ切れたのか、新たな出会いに前向きなようで、篠原同様、熟ボディに磨きをかけていた。

「食生活は野菜中心に変え、体重の変動を管理するレコーディングシートを導入したり、お風呂上がりに全身鏡で裸体をチェック。私服も地味系から派手なカラーの服に買い替え、準備万端だとか。実際に吉瀬と仕事をしたスタッフは、ほどよく肉感的で体全体から色気があふれ出ていると驚いていましたね」(芸能記者)

 13年に医師の夫と死別した鈴木杏樹(52)も、「第2の人生設計」に向けて動き出している。

 昨年2月に俳優の喜多村緑郎(52)との「4000円ラブホ不倫」が報じられ、レギュラーのラジオ番組以外は、半ば活動休止のような状態に。だが、10月24日からインスタを開設し、頻繁に近況を投稿している。

「インスタを始めたのは、本格的に再始動するための証左。10月に千葉県佐倉市で開かれた朗読劇に出演したり、なぜか『金魚妻』へのサプライズゲスト出演も噂されています」(ワイドショー芸能デスク)

 ドラマ業界だけではなく、バラエティー業界も熱視線を送っており、

「今年の夏に自身のラジオ番組で、フジテレビの名物プロデューサーからバレンタインデーのお返しが『超セクシーな真っ赤なTバックのパンティだった』と暴露するなど、ぶっちゃけ発言が注目されています。昨年末も人気旅番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z』(テレビ東京系)に出演した際、共演者に攻撃的な物言いが物議を醸しましたが、明らかにバラエティー番組向き。仕事をしたいスタッフは多いはず」(民放テレビマン)

 清純派女優からドS悪女に変貌した姿も見てみたいものだ。

 酸いも甘いも経験した「離別妻」たちの新たな挑戦に、幸多からんことを!

関連リンク

  • 11/14 5:57
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます