木村拓哉 2年ぶりライブツアー開催決定 明石家さんま作詞、BEGIN作曲の収録曲も

拡大画像を見る

 歌手で俳優の木村拓哉(49)が、2年ぶりのライブツアー「TAKUYA KIMURA Live Tour 2022 Next Destination」を来年2~3月に開催することが13日、分かった。また、2ndアルバム「Next Destination」(来年1月19日発売)の最後の収録曲が、タレント・明石家さんま(66)作詞、バンド・BEGIN作曲の「Born ready」であることも明らかになった。

 2020年2月に行われた初ソロツアーは2都市4公演だったが、今回は4都市8公演に規模を拡大させた。木村は「前回は2都市しかお伺いできなかったので、少しでも多くの皆さんと同じ時間を共有したいと思い会場を増やさせていただきました」とファンへの熱い思いを述べた。

 また、山下達郎、真島昌利(ザ・クロマニヨンズ)、MAN WITH A MISSION、Creepy Nuts、糸井重里氏ら超豪華メンバーが楽曲提供するアルバム「Next-」に、さんまとBEGINが名曲「笑顔のまんま」(09年)以来のタッグを組む「Born ready」が収録されることも決まった。

 20年元日に放送された「さんタク」で奄美大島に行った際、車中ロケでさんまが「次にアルバム作る時は作詞させて」と言ったのを木村が覚えており今回、依頼。「笑顔のまんま」でさんまとBEGINの相性がいいと思った木村とスタッフが協議して、BEGINに作曲を依頼した。

 さんまは「ライブでファンが一緒に歌ったり盛り上がれるような歌詞にしたかったのと、この曲を通じてその時だけでも一つになれるように願いを込めて」とテーマを説明。

 「俺は木村をイメージして作詞したけど、木村はレコーディングで俺自身をイメージしてしまったらしく、笑いながら歌っちゃったらしい」と明かし、「早く自分の物として歌詞を体に入れてくれ!もう俺の物じゃないんで」と木村に伝えた。

 最高のメンバーたちによる強力な楽曲群を引っ提げてツアーに臨む木村は「開催時期にどのような状況になっているか、まだわかりませんが、もし声を出せなくても心の中で共に騒ぎましょう!ファンの皆さんと同じ空間を共有できることを楽しみにしています」と呼びかけた。

関連リンク

  • 11/14 4:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます