「既読がついた瞬間ドキッとする!?」共感が止まらない“LINE苦手あるある”

LINEが苦手な人は意外にも多く、そんな人は普段の何気ないやり取りにも苦手意識を感じているようです。
LINEが苦手な人にしかわからない気持ちはさまざまあるようです。

そこで、「既読がついた瞬間ドキッとする!?」共感が止まらない“LINE苦手あるある”を4つご紹介します。

(1)返信が早いとプレッシャーを感じる



LINEが苦手な人は相手からの返信が早いとプレッシャーを感じるようです。

返信が早すぎると、自分もそれに合わせて早く返信しなければいけないと思ってしまい、急かされているような気持ちになるという意見も。

LINEは返信が早いほうがやり取りがスムーズですが、それが苦手という人もいるんですね。
返信のペースは人それぞれなのでプレッシャーに感じる必要はないと言えるでしょう。

(2)既読がついた瞬間ドキッとする



LINEが苦手な人は相手の返信を待つ間も落ち着かない気持ちになるようです。
返信が遅いとき、相手がただ忙しいだけなのかそれとも返信したくないのか気になって仕方ないという意見も。

そんな人は既読がついた瞬間ドキッとしてしまい、返信を今か今かと待つ傾向にあります。
既読がついてから返信が遅れると気にする人もいるので、返信はなるべく早く送ることが大事なのかもしれませんね。

(3)スタンプだけのLINEの返信に困る



LINEが苦手な人はスタンプだけのLINEにどんな返信をすればいいか悩むことがあります。
スタンプだけ送られてきたら相手がなにを求めているかわからないという人もいるようです。

そのため、LINEが苦手な人にはスタンプだけではなくなるべく言葉を添えて返信するよう心がけましょう。

(4)終わらせるタイミングがわからない



LINEが苦手な人はLINEを終わらせるのが苦手なようです。
どこで終わらせるべきか悩むあまり、ムリしていつまでもLINEを続けてしまうことも。

LINEが苦手な人とのLINEではやめ時をしっかり見極めることが大事なのかもしれませんね。


LINEは得意な人もいれば苦手な人もいるようです。
「既読がついた瞬間ドキッとする!?」共感が止まらない“LINE苦手あるある”を参考に、苦手な人とも仲良くLINEができるよう意識してみましょう。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/13 20:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます