目黒蓮『消えた初恋』なにわ男子・道枝駿佑への頭ポンポンにSnow Manメンバーもキュン死「親指に愛情つまってた!」ライブMCで大興奮

拡大画像を見る

 なにわ男子の道枝駿佑(19)とSnow Manの目黒蓮(24)がダブル主演を務めるドラマ『消えた初恋』(テレビ朝日系)の第5話で、青木(道枝駿佑)に告白された井田(目黒蓮)の頭ポンが、視聴者だけでなくSnow Manのメンバーまで胸キュンさせたようだ。

 このドラマは、現在『別冊マーガレット』(集英社)で好評連載中の、アルコ氏が作画、ひねくれ渡氏が原作を担当する同名タイトルコミックが原作。11月6日放送の第4話は、ついに井田への恋心を認めた青木が、親友のあっくん(鈴木仁/22)に背中を押され、林間学校の旅先で告白する決意を固める。

 林間学校2日目の夜、意を決して井田を呼び出した青木だったが、なかなか告白する勇気が出せず気まずい雰囲気に。恥ずかしいから距離をとって言わせてくれと、青木は木の陰に隠れて「俺、おまえのこと本気で好きになっちゃったんだ!」と告白。

 すると、遠すぎて聞こえないと、近づいてきた井田が目の前に。驚いた青木がバランスを崩すと、井田が彼を守るため、頭と腰を抱えながら斜面を転がり落ちる。自分をかばってくれた井田の無事に、青木は「俺、おまえ死んだらもう生きていけねぇよ」と安堵する。

■メンバーも『消えた初恋』に夢中

 そんな、本音が漏れ出てしまった恥ずかしさを、青木は「なんつって~」と冗談でごまかそうとしたが、井田の真剣な表情に「ごめん、なんか俺、おまえに迷惑かけてばっかだから」と明かし、消しゴムの勘違いから、井田を好きになっていった経緯を振り返る。

 そして、青木は「今さら言っても信じてもらえないだろうけど」とつぶやき、「ひと思いにフッてくれ。もう迷惑かけねぇから」と訴える。これに、井田は「本気なのは十分伝わってるから」と青木の頭をポンして、親指で髪を撫でながら「つきあってみるか」と語りかけた。

 恋に不器用な2人の想いが、ようやく通じ合った告白シーンに、視聴者はツイッター上で「まったく目を逸らさないで伝えてくれる井田も好きだし、ニヤけちゃうの隠そうとしてる青木の表情も最高にカワイイ」「青木が井田くんを大好きな気持ちが溢れていて胸が高鳴った」などと、繊細な目黒と道枝の演技に興奮状態だった。

 また、現在ライブツアー中のSnow Manメンバーも、同ドラマに胸キュンしているようで、放送翌日、7日の北海道公演のMCで、佐久間大介(29)が「俺的好きなシーンは、山で頭を撫でるときの(目黒の)親指! 分かる? やばい!」と語り、ラウール(18)を相手に頭ポンからの親指撫でを実演。

■次回は恋のライバル登場?

 これに目黒が「ポンポンするシーン、その時の関係性違うから、ポンのやり方も変えてる」と語ると、深澤辰哉(29)が「あの親指に愛情つまってた!」と絶賛し、次回が気になると大盛り上がり。原作ファンだという佐久間は「(コミックの)コマ割りと同じカットなんで!」と、お気に入りシーンをマニアックに語っていた。

 メンバーも気にしている次回は、予告動画によると“恋のライバル”になりそうな美少女(大原優乃/22)が登場。バレー部の練習試合の相手校のマネージャーらしいが、井田を「浩介くん!」と親しげに呼んでいたため、青木は動揺してしまう。

 さらに、井田が「俺、青木のこと好きなのかな?」と、シリアスな表情で問いかけるシーンもあり、幸せ絶頂の青木と井田に早くも破局の危機が訪れる大ピンチ。なかなか進展しない、橋下さん(福本莉子/20)とあっくんの恋の行方とともに気になるところだ。(ドラマライター/ヤマカワ)

■目黒蓮と道枝駿佑の林間学校オフショット!

 自然の中でのロケを楽しんでいます!

 ※動画はテレビ朝日『消えた初恋』公式ツイッターアカウント「@oshidoraEX」より

関連リンク

  • 11/13 20:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます