『最愛』津田健次郎、“どこかで見た気がするポーズ”のオフショットにアニメファン歓喜

 女優の吉高由里子が主演を務め、俳優の松下洸平、井浦新が共演するドラマ『最愛』(TBS系/毎週金曜22時)の公式ツイッターが12日にオフショットを投稿。出演者の津田健次郎が写真の中で披露したあるポーズに、ファンから大きな反響が集まった。

 ドラマ『最愛』は、殺人事件の重要参考人となった実業家・真田梨央(吉高)と、梨央の初恋の相手であり事件の真相を追う刑事・宮崎大輝(松下)、そして、あらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士・加瀬賢一郎(井浦)の3人を中心に展開するサスペンスラブストーリー。12日放送の第5話では、梨央は数年ぶりに再会した弟の優(高橋文哉)から行方不明となっていた理由やその間にどんな人生を歩んできたかを打ち明けられるという展開に。警視庁捜査一課の係長・山尾(津田)は、部下の大輝と桑田(佐久間由衣)に2人を追うように指示するのだが…。

 そんな第5話の放送直前に公式ツイッターが「このポーズ、どこかで見たことある気が、、」と投稿したのは津田のオフショット。写真の中の津田は、両肘を机に乗せて口の前で両手を組み眉間に深いシワを刻んでいる。

 「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズのキャラクター、碇ゲンドウを彷彿させる津田のポーズに、ファンからは「ゲンドウポーズありがとうございますw」「ゲンドウにしか見えない…」「いいかも津田ゲン…ドウ…」といった絶賛の声が相次いでいる。

引用:ドラマ『最愛』公式ツイッター(@saiai_tbs)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/13 17:22
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます