香音、涙で「Popteen」卒業「一人では難しい道のりだった」莉子(リコリコ)からサプライズメッセージも<Popteen大優勝祭>

【モデルプレス=2021/11/13】モデルの香音が13日、都内で開催された雑誌「Popteen」のイベント「Popteen大優勝祭」に登場。同誌専属モデルの卒業ステージが行われた。

◆香音、涙のラストステージ

ピンクのドレスで登場した香音。会場を見渡し「卒業のこのステージを見に来てくださってありがとうございます」とゆっくりと切り出し、今日のために書いてきたという、思いのこもった手紙を朗読。

「2年5ヶ月間のPopteenモデル。決して一人では難しい道のりだったと思います。ポップでの見せ方もバトルの仕方も、カラコンのつけ方も知りませんでした」とPopteenモデルの日々を振り返る。ここまでこれたのは応援してくれたファン“のんのんガールズボーイズ”のおかげだと伝え「ポップを通してたくさん繋がれたと思うし、絆が生まれたと思います」とファンとのつながりを実感し、ファンに重ね重ね感謝した。

「たくさんの方々に支えられて、毎月最高な私が作れていました。これからも成長を続けるPopteenをよろしくお願いします」と語り、手紙の最後は「卒業を見届けてもらえることができて本当に幸せです」と綴った香音。そして、会場に目線を送り「本当にありがとうございました」と頭を下げた。

◆香音卒業に、莉子(リコリコ)からサプライズメッセージも

涙を流す古田愛理(あいりる)から、花束を渡され、優しくハグ。あいりるが香音の涙を拭く姿もみせた。

そして、同誌を共に牽引していた莉子(リコリコ)からビデオメッセージも。このサプライズには香音も驚きつつも喜びの表情をみせ、「モデルとして、友達として、戦友として。本当に素敵な人たちに出逢えたなと思います」とコメントした。

そして、編集長からサプライズでメッセージ付きのムービーが流れ、これを見た香音は号泣。「努力もバトルも苦手で、努力を見せることが恥ずかしい事だと思っていたんですけど、編集長と話して後輩のみんなのお手本になれたらいいなって思うようになりました」と編集長が大きな存在であったこと、そしてモデルとして躍進するきっかけをもらったことを語った。

最後は「このような時期でしたが、直接会えるイベントで、皆様に直接報告が出来て本当によかったです。沢山進化してみなさんが応援して良かったと思える人になるので、ずっとずっとついてきてください。本当にありがとうございました」と話し、「ポップが大好きです!」とPopteenへの愛を伝えた。

◆「Popteen大優勝祭」

10月に開催を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止、及び緊急事態宣言延長に伴い延期していた、女子中高生に人気の「Popteen」モデルが総出演する同イベント。“遅めのハロウィン”をコンセプトに、約330人の読者を招待し、有観客とオンライン配信で実施された。

MCには、OGモデル・中野恵那(ちゃんえな)とOBモデル・本田響矢(きょーちゃん)が登場。ステージではJC・JK人気ブランドのファッションショーや、香音の卒業ステージも行われた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/13 17:59
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます