USJに「モンハン」VRアトラクション登場! 注意事項に「体力に自信のない方は体験できません」

拡大画像を見る

モデル・タレントとして活躍するユージと、フリーアナウンサーの吉田明世がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。この記事では、11月1日(月)~11月5日(金)の放送から、ニュースを象徴する1つの数字にスポットを当てるコーナー「SUZUKI TODAY’S KEY NUMBER」で取り上げたトピックを紹介します。


(左から)吉田明世、ユージ



◆申し込みが12万1,425件
NHKの公式サイトで、「第72回NHK紅白歌合戦」の観覧申し込み件数が発表されました。申し込み総数は12万1,425件で、観客を入れておこなわれた2019年の123万944件からおよそ9割減でした。

ユージは「(申し込み総数が)12万件と聞いたときにすごい数だと思ったけど、これまでは123万件もあったの!?」とさらにビックリ。NHKは、今年から応募方法を往復はがきからインターネットに変更したため、1人で複数応募できなくなったことが主な要因だと見られており、当選確率がかつてない高さになるようで「今まで観覧したくてもできなかった人にとってはチャンスかもしれない」と話していました。

◆8キロ
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は、2022年春から「ユニバーサル・クールジャパン2022」を開催します。

そのラインナップ第1弾となる「モンスターハンターワールド:アイスボーン XR WALK」での機器装備は、およそ8キロ! 注意事項には「体力に自信のない方は体験できません」と書かれており、ユージは「面白そう、やってみたい! VRゴーグルをつけて、歩きながら体験するというのは未来的だね」と興味津々の様子でした。

◆残された時間は7日間
国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、11月に劇場公開される映画の「期待度ランキング」を発表。3位は、燃え殻さんによる恋愛小説を映画化した「ボクたちはみんな大人になれなかった」(11月5日(金)公開)。2位は、ブロードウェイミュージカルを映画化した話題作「ディア・エヴァン・ハンセン」(11月26日(金)公開)。

そして、1位はマーベル・スタジオの最新作「エターナルズ」(11月5日(金)公開)でした。アベンジャーズに次ぐ新たなヒーローチーム「エターナルズ」の始まりを描いたドラマチック・アクション。地球滅亡まで残された時間はたった7日間というタイムリミットが迫るなか、エターナルズがどのように救うのか……壮大なストーリーで描かれています。

エターナルズは、地球上に存在するすべてを超越した存在で、7,000年もの間、人類を密かに見守り、文明の進化を陰で支えてきた10人の守護者だという設定に、ユージは「ヤバいね。(地球滅亡からどう救うのか)興味深い」と関心を寄せていました。

◆アイデア2,348本
一般社団法人ACCが毎年開催している、優れたクリエイティブを表彰する「ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」の受賞作が10月末に発表。今年の応募総数は2,348本で、そのうちクリエイティブイノベーション部門でACCブロンズ賞を受賞した「味わうテレビTTTV」がネット上で話題となっています。

これは、味覚に関する研究で知られる明治大学の宮下芳明教授が開発したもので、画面に映っている料理を味覚センサーで解析し、測定値に基づいて成分や香料などさまざまな液体を混合することでその味を再現。再現された味は霧状にしてフィルムに噴射され、テレビについている味ディスプレイの画面上に出てくると聞き、ユージは「どういうことなんでしょうね」と不思議がりつつも、その技術に驚いていました。

◆30語
今年を代表する言葉を選出する「現代用語の基礎知識」選 2021ユーキャン新語・流行語大賞のノミネート30語が発表されました。今回は、1年延期された東京2020オリンピック・パラリンピックから9語が選出されました。

ノミネート30語に目を通し、ユージは「『ゴン攻め』もわりと最近なんだけど、懐かしいと思っちゃった」と感想を口にしました。

<番組概要>
番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00
パーソナリティ:ユージ、吉田明世
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/one/

関連リンク

  • 11/13 17:00
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます