B’zとソウル/ファンク/AORの蜜月――『FRIENDS』シリーズと『The 7th Blues』から紐解く

 現在ではあまり知られていないと思われるB’zのソウル/ファンク/AOR的側面に光を当てる本稿。前編では山下達郎『FOR YOU』(’82)などへの参加で知られる伝説のドラマー・青山純をキーパーソンとし、B’zを“グルーヴ”の観点~シティポップの文脈から楽しむ切り口をご紹介させて頂いた。

 この後編では、25年ぶりの第3弾のリリース決定も大きな話題を呼んでいる『FRIENDS』シリーズ2作と、その間に位置する重要作『The 7th Blues』を中心に、具体的な楽曲を多数挙げながら、彼らの知られざる魅力を解き明かしていきたい。

『FRIENDS』に眠る、ダブルミリオンのプロトタイプ

 そもそも、B’zはなぜソウル/ファンク/AOR的な音楽性を導入したのか。もちろん時流を踏まえた部分もあると思うが、活動初期のダンスポップからロックサウンドへの移行にあたり、うってつけだったことも大きいかもしれない。グルーヴが軸となっている点で前者と共鳴しつつ、同時に生演奏のアンサンブルや生音そのものの魅力も打ち出していけるからだ。

 そして、そうしたテイストの楽曲に限らず、ロック寄りのイメージが強い「ZERO」(’92)や「愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない」(’93)にも(彼らが当時理想形としたであろうエアロスミスやレッド・ツェッペリンと同様に)確実にファンクをはじめとする“グルーヴ・ミュージック”の遺伝子は流れている。この遺伝子がロックサウンドへの橋渡しとして機能したからこそ、ソウル/ファンク/AOR的な要素を持ち合わせた楽曲の多くが、ハードロック路線がほぼ定着する『SURVIVE』(’97)までの時期に集中しているのではないだろうか。

 1992年は、B’zが上記のシングル「ZERO」およびブルージーなナンバーを多数収録したアルバム『RUN』をリリースし、ロック方面に大きく舵を切った年とされる。『FRIENDS』シリーズの第一弾がリリースされたのはこの年の末だ。カップルの関係性の微妙な移ろいまで丁寧にすくい上げた歌詞と柔らかなデジタルリバーブの効いたサウンドが調和したAOR的な方向性は、一見『RUN』とは真逆のようでいて、紛れもなく同作収録の「月光」等から地続きのものである。

 B’zの全楽曲中でも特に有名な、クリスマスソングの定番「いつかのメリークリスマス」を収録していることでも重要な『FRIENDS』だが、ここでは現時点で未だライブ未演奏の隠れた名曲「僕の罪」に光を当てたい。

 松本の絶品のカッティングプレイを味わえる本曲は、1980年代のブラック・コンテンポラリーやブルー・アイド・ソウルに通じる都会的ブギーのアレンジが施されており、シンコペーションの効いたリズム構造も相まって、ダンスポップ期からのファンにも特に受け入れやすい楽曲だったのではないだろうか。小野塚晃による、オリエンタルな煌めきを纏ったキーボードも忘れがたい印象を添える(ちなみに小野塚晃はまもなく開催の〈B’z presents LIVE FRIENDS〉への演奏参加も発表されている)。そして、こうした特徴の多くは翌93年の「愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない」とも共通するものであり、ある意味で「僕の罪」はメガヒットシングルの序章的な楽曲と位置づけられるのも重要なポイントだ。

B’zと青山純と“スウィート・ソウル・ミュージック”

 上記の諸作を経てリリースされた2枚組の大作『The 7th Blues』(’94)は、タイトルも相まってブルース・ロック方面の音楽性が中心であると思われがちだが、実際には後年の『FRIENDSⅡ』(’96)と並び、全ディスコグラフィー中でも特にソウル/ファンク/AOR寄りのサウンドが楽しめる作品でもある。

 3曲で参加した東京スカパラダイスオーケストラをはじめ、多くの楽曲でブラスセクションがフィーチャーされているほか、厚いコーラス隊やオルガン、何より松本のワウギターのプレイが多くの楽曲を彩る、音の情報量を追いかけるだけでも聴くたびに発見のある名盤だ。また、本稿の前編でフィーチャーしたドラマー・青山純が、全曲で静・動や跳ねを自在にコントロールした圧倒的な演奏を残しているのもポイントだろう。

 ここでは、「僕の罪」と同様に現時点でライブ未演奏の「THE BORDER」に光を当てたい。

 流麗なストリングスが導くイントロは、アース・ウィンド&ファイアー「That’s the Way of the World」(’75)やレニー・クラヴィッツ「It Ain’t Over ‘Til It’s Over」(’91)などの系譜に連なるスウィートなソウル/R&Bの魅力に溢れている。カップルの“瀬戸際”を“国境”と解いた美しい歌詞も相まって、『FRIENDS』シリーズとの確かな連続性を感じさせる名曲だ。

 『The 7th Blues』以降のB’zは、その音楽的成果を引き継いだ「ねがい」や「love me, I love you」(’95)をリリースしつつも、徐々にハードロック的な志向を強めていき、AC/DCを思わせる96年の全英詞シングル「Real Thing Shakes」で一つの頂点を迎える。翌年にはグランジを意識したとされる冒険作「FIREBALL」を発表することになるが、『FRIENDSⅡ』はこの振り切った2作の狭間に当たる、96年の11月末にリリースされた。

 もちろん本作は『FRIENDS』の続編に当たるものだが、EPで丸々一つのストーリーを表した前作に対し、『FRIENDSⅡ』はオムニバス形式であり、稲葉の作詞家としての個性・巧みさが光る多様なシチュエーションが描かれている。そして憂いが滲む恋模様が多くを占める内容は、フェンダーローズやフルートをはじめとした生楽器をふんだんに取り入れたサウンドも相まって、『FRIENDS』よりもむしろ『The 7th Blues』の空気感に近いとも言えよう。

 長らくB’zに携わってきた明石昌夫に代わり、本作では新たなベーシストが2名参加している。一人は、1990年代のソウル×J-POPのひとつの頂点である小沢健二『LIFE』(’94)でもベースを務めた中村“キタロー”幸司。もう一人は、山下達郎と並び海外のシティポップ・リバイバルで熱い注目を集める日本産ブギーのマエストロ・角松敏生の作品でも重要な役割を担っていた青木智仁だ。

 中村“キタロー”幸司の参加曲では、恐らく本作中で最もファンの支持を集める「傷心」をやはり特筆すべきだろう。ワウギターのイントロに導かれ、生ピアノ・エレピアノが交錯し、ストリングスやフルートが舞うバッキングは、先述の「THE BORDER」から時代を一歩進めてクロスオーバー/フュージョン的な要素も色濃く垣間見える。B’zのソウル/ファンク/AOR路線の最高到達点と呼びたい傑作だ。当時SING LIKE TALKINGのサポートも務めていた大ベテラン、斎藤ノブのパーカッションも本曲の強いグルーヴに多大な寄与を果たしている。この「傷心」もテレビ出演以外の場では未演奏の楽曲であり、来たる〈B’z presents LIVE FRIENDS〉に日々期待を強めているファンも多いことだろう。

 青木智仁の参加曲では「BABY MOON」を推したい。B’zとしては非常に珍しいボサノヴァのリズムを下敷きに、フェンダーローズと松本のクリーントーンが終始漂う抑制されたアレンジは、「傷心」とは別の角度からソウル/ファンク/AOR路線の粋を極めた楽曲と言えるだろう。

 『FRIENDSⅡ』以降、B’z作品におけるソウル/ファンク/AOR的表現は、個々の楽曲においては(稲葉・松本の各ソロ活動含め)時折見られたものの、EP/アルバム全体でそうしたテイストの強い作品は長らくリリースされてこなかった。それゆえに『FRIENDS Ⅲ』の今冬リリースは、特に90年代以来のB’zファンにはたまらないニュースになったと思われる。近年にも「Queen Of The Night」(’17)や「WOLF」(’19)といった楽曲で近い音楽性をチラつかせていた彼らのこと、必ずやファンの想像を超える作品を生み出してくれることを期待したい。

 

 ビーイングを出自に持つ音楽家たちを“グルーヴ”やアレンジの観点から語る本短期連載。次回(12月初旬)は、結成最初期からR&B方面の楽曲を発表し、キャリア中期以降にはシティポップ的な音楽性をひときわ深めていった、とあるベテランバンドについてお送りする予定だ。


前編・後編で紹介しきれない楽曲を含め、B’zのソウル/ファンク/AOR路線をまとめたプレイリストをSpotifyに作成したので、ぜひ新たなB’zの魅力の発見にご活用いただきたい。

*FREE SOUL:音楽プロデューサー・評論家である橋本徹氏による、1970年代ソウル周辺の楽曲の中から1990年代以降の感性に沿ったグルーヴィー/メロウな楽曲に光を当てていく、平成初頭から日本国内で広がっていったムーヴメントの総称。
本プレイリストはB’z・橋本徹氏の双方に非公式のものであり、一般的に知られるB’zの音楽性とは真逆に当たる(と思われがちな)この運動の名称をあえて冠した、ブートレグ的スタンスのものであることをご留意いただきたい。

  • 11/13 11:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます