関西出身なのが「意外な」有名人ランキング。4位・鈴木亮平を超えた3人は?

拡大画像を見る

 11月10日に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で「関西人狼」という企画があり、意外な関西出身者にネットでは驚きの声が上がりました。

 寺門ジモン、稲村亜美、川崎麻世、渡部陽一、大橋未歩、林家ぺー、アキラ100%、大沢あかね、という集められた8人から、5人の関西人と3人の“ニセ”関西人を探し出す企画。

 関西弁の嘘っぽさに真っ先に疑われた寺門ジモンでしたが、実は兵庫県川西市出身で関西人だと明かされました。番組では、ダチョウ倶楽部が上島竜兵も兵庫県出身で、3分の2が関西人だと話題になっていました。

 寺門はじめ、芸能界で活躍する人の中には、関西出身の人が多くいますが、関西弁を話していない限り、なかなか気付きづらいですよね。

 そこで今回は関西在住の30~40代の女性200人に聞いた(※)『関西出身なのが「意外な」有名人』をご紹介します。

◆林遣都、北川景子も関西出身

===========
Q. 「意外な」関西出身有名人は?(複数回答可)
同率10位 檀れい 17.5%
同率10位 黒木華 17.5%
同率8位 のん(元・能年玲奈) 19%
同率8位 平井堅 19%
7位 北川景子 20.5%
6位 林遣都 22%
5位 上野樹里 22.5%
4位 鈴木亮平 23.5%
===========

 7位には、北川景子(35)がランクイン。兵庫県神戸市で生まれ育ち、高校時代にスカウトされたことを機に上京しました。「関西弁はスイッチが入らないと喋れない」そうで、関西弁を話している姿はレアです。

 6位の林遣都(30)は、滋賀県大津市で生まれ育ち、中学校3年生の頃に修学旅行で訪れていた渋谷でスカウト。高校まで滋賀県に暮らし、卒業を機に上京しました。林が出演した『スカーレット』『火花』『京都人のひそかな愉しみ Blue 修行中』などで、演技中の関西弁が聞けます。

◆上野樹里、鈴木亮平も関西出身

 5位は、上野樹里(35)。兵庫県加古川市出身で、中学卒業後に芸能界を目指して上京。その後はオーディションでモデルや女優の仕事を勝ち取り、人気女優に上り詰めました

 4位の鈴木亮平(38)は、兵庫県西宮市に生まれ育ち、大学進学を機に上京しました。映画『予告犯』などで関西弁を披露しています。

◆3位 玉山鉄二 25%

 俳優の玉山鉄二(41)が3位にランクイン。最近では『全裸監督』シリーズにも出演し、改めて俳優としての強い存在感を示しています。京都府伏見市に生まれ育った玉山は、19歳の頃に芸能活動を本格化すべく上京しました。

 明石家さんま企画・プロデュースのドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』(Netflix)では明石家さんま役に挑み、劇中でコテコテの関西弁を披露。映画『阪急電車』でもナチュラルな関西弁を聞くことができます。

◆2位 村上春樹 32%

 作家の村上春樹(72)が2位にランクイン。京都府に生まれ、間もなくして兵庫県西宮市夙川へ移住。その後すぐに隣の市である芦屋市に引っ越し、早稲田大学進学への進学で上京するまでを芦屋市で過ごしました。

 村上は、1986年出版のエッセイ集『村上朝日堂の逆襲』で関西弁について言及。関西出身の両親のもとで生まれ育ち、自然と「標準語を使う人間にロクなものはいない」という価値観を持っていたものの、上京してわずか一週間でほぼ完全に標準語に切り替わってしまったとか。それについては、ご自身でも「東京に出てきていちばん驚いた」出来事だったそう。

 さらに「僕が関西にずっと住んで小説を書いていたら、今とはかなり違ったかんじの小説を書いたような気がする」とも綴っており、方言が作風に影響することも明かしています。というのも、関西弁独自の思考システムに入ってしまうと、標準語で書く文章の質とリズム、発想が変わってしまうからだとか。関西思考版の小説も読んでみたい…!

◆1位 夏目三久さん 34%

 1位に輝いたのは、夏目三久さん(37)。アナウンサーだったため、標準語を話す姿のイメージが強いですよね。

 夏目さんは大阪府箕面市で生まれ育ち、同志社女子中学校・高等学校に進学。東京外国語大学外国語学部への進学を機に上京しました。

 大学卒業後に就職した日本テレビでのアナウンサー研修では、身体に染み付いた関西弁がなかなか抜けずに苦戦。癖が抜けるまでは、両親との電話も控えたほどだったそうです。

 今年4月に有吉弘行(47)と結婚し、秋で芸能界を引退した夏目さん。出演番組で時折関西弁を使う場面もあったようで、その貴重なシーンに遭遇できた人はラッキーだったかもしれませんね。

◆葉加瀬太郎や有村架純、相武紗季、ヒャダインらも

 以上、意外な関西出身有名人をご紹介しました。10位以下には、葉加瀬太郎(53)、有村架純(28)、相武紗季(36)、ヒャダインこと前山田健一(41)などの名前が上がりました。

 表舞台では標準語で話している人だと、関西出身だと気づかないですよね。今回アンケートに登場した人たちが関西弁を話している瞬間を目にできたら、かなりレアかも…?

【調査概要】
調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(居住地:三重県,滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県 30~40代女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2021年11月7日
有効回答者数:居住地が三重県,滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県の30~40代女性200人

<文/るしやま>


関連リンク

  • 11/13 15:47
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます