杉村太蔵 18歳以下10万円給付意義は「明らかに選挙対策」「未来の有権者を獲得」

拡大画像を見る

 元衆院議員でタレントの杉村太蔵が13日に放送された読売テレビ「今田耕司のネタバレMTG」に出演。自民党と公明党が合意した18歳以下への10万円給付について「これは明らかに選挙対策」と指摘した。

 杉村は「有権者はみんな高齢化している。18歳以下に限ると公明党がやるのは、これから未来の有権者を獲得したいという狙いが非常に色濃く出てる。すごくうまい」と腕組みした。

 また、笑い飯・哲夫が、自民党が公明党と連立を組む意義について「自民党が公明党とくっつく本当の意味ってあるんですか?」と質問。杉村は「選挙以外に考えられない。公明党は北は北海道から南は沖縄まで、全部(党員が)いますから。維新(日本維新の会)は申し訳ないですが大阪はいるけど、稚内にどれくらいいるかって言ったら…。公明党は全部いらっしゃるのがありがたいんですね」と説明した。

関連リンク

  • 11/13 14:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます