「好き♡」ばかり言っちゃダメ?言葉の使い方によって恋は左右されるんです!

拡大画像を見る

大好きな彼だからこの気持ちはこまめに伝えたいと望む女性は多いはずです。
理由としてあげられるのは、相手に「好きだよ」という回答を求めているからです。しかし、この言葉をうまく使用しないと彼が冷めてしまう可能性があるようです。
彼に頻繁に好きと伝えることで、冷めてしまっては悲しいだけですし、そうならないためにも改善が必要なようです。
今回は、そんな彼の気持ちをまとめていきます。


嬉しく感じない

毎回毎回頻繁「すき」と言われてしまうと、嬉しいと思わなくなってしまうことがあるそうです。
好きな相手ならば嬉しいと感じて当たり前と思いますが、それが頻繁に伝えられてしまうと日常会話のように感じてしまいます。言われすぎると、嬉しいという感情が薄れてしまうのです。
そうならないためにも、好きという言葉は大切にあつかうべきです。


当たり前に思う

「好きだよ」と大好きな彼女に伝えられても、「うん」と軽く答えてしまうのは、当たり前に感じてしまっているからです。
どんな言葉を並べられても当たり前だなと思われたらなんだか寂しいものです。当たり前と思われないためにもここぞと時に、言葉を並べるべきなのかもしれません。


価値がなく感じる

好きという言葉は本来ならとても価値がある言葉です。好きな人に好きと伝えられる行為ほど、幸せに思えるものはありません。
しかし、せっかくの素敵な言葉も当たり前で価値のない日常会話のように同化してしまうのはもったいなく思えます。好きな人に言葉をきちんと伝えるためにも価値があると分かる言葉の使い方をするべきです。


幸せが薄れる

好きと言われた時に感じる、喜びや幸せの感情すら薄れてしまうものです。好きと言われたら本来なら嬉しく、幸せで心が満ち溢れるものなのですがそのようなことすらできることはないというからなんだか辛いです。
相手にとって幸せを実感させるためにも、きちんと気持ちを理解して伝えることが大事なのです。


まとめ

好きだから好きと伝えて当然と考えますが、実際に好きと伝えすぎてしまうと当たり前と感じ、最終的には相手も好きという気持ちが薄れてしまうこともあるのです。
そんな気持ちは一切なかったとしても気持ちが薄まることで、付き合いももったいないものに変わってしまうかもしれません。
そうならないために、相手にとっても自分にとっても幸せと感じる行動をとるべきです。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/13 12:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます