絶対ダメ!【何でもいいよ】が口癖な女性が愛されない理由って?

拡大画像を見る

どうもあかりです。彼氏に「何食べたい?」みたいに質問されたときに「何でもいいよ」と答えてしまうのは、交際における最大級のタブーです。今日はその理由についてお話していきます。


「彼女の好み」が分からないから

男性にとって、好きな女性を喜ばせることが恋愛における最大の楽しみであり、喜びです。
なので、「この子はこういうのが好き。こういうのが嫌い」という相手の女性の好き嫌いをきちんと把握することが大切だと思っていますが、「私は何でもいいよ」と答えるのが癖になっている女性は、自分の好みについて彼氏にヒントを与えることができていません。
結果、彼氏は「この子、何が好きなのか分かんないよ」となってしまって、あなたを喜ばせる楽しみを見いだせなくなります。


「非協力的」に見えるから

男性が女性に「どこ行きたい?」「何食べたい?」と聞くのは、「二人で一緒に協力してデートプランを作りたい」と思っているからでもあります。
なので、男性側がある程度選択肢を絞っているのに、女性側が「任せるよ」「何でもいいよ」という態度だと、「この子、デートが共同作業って分かってないな」「結局俺に全部丸投げかよ」と思われてしまうので、男性側もデートに対してモチベーションを失ってしまう可能性が高いのです。


「興味がなさそう」に見えるから

そして、「何でもいいよ」と言ってしまう最大のデメリットが、その男性とのデートに興味関心がないように見えてしまうことです。人は普通自分が興味あることに対して自分の意見を持っているからですね。
男性とのデートに関して「何でもいい」と言ってしまうことは、「あなたとのデートにはあまり興味がありません」というメッセージにもなってしまうんです。
彼氏のことを信頼しているからこそ「何でもいい」という言葉を使っている、という女性もいるかもしれませんが、もしそうなら、ハッキリと「あなたが選ぶと絶対に当たりだから、任せてもいいかな?」みたいに言ってあげると誤解がなくて済みます。
今後「何でもいい」と答えたくなったときには意識をしてみてください。(遣水あかり/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/13 11:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます