TOKIO3人に迫る「コンプラ危機」!?松岡昌宏「エビパワハラ」、国分太一「地獄の会」、城島茂「丸出し」!

拡大画像を見る

 今年3月末の長瀬智也(43)脱退を機に、「株式会社TOKIO」として城島茂(50)、国分太一(47)、松岡昌宏(44)の3人体制で再スタートを切ったTOKIO。これまで以上に「社員」そして社会人としてコンプライアンスに気を遣うことになるはずだが、11月7日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!(鉄腕ダッシュ)』(日本テレビ系)での松岡の言動に、パワハラ疑惑が出てしまったという。

「以前から、松岡は体育会系なアニキという性格もあって、昨年10月25日の放送回ではたびたびSNSで“パワハラ”と指摘されていることを本人が嘆いたり、Aぇ!groupの草間リチャード敬太(25)とSixTONESの森本慎太郎(24)がジャンケンに負けて船の操作役に任命された際は“よし、下々!”と茶化し《その一言がパワハラ》とテロップでネタにされこともありました」(制作会社関係者)

 11月7日放送回では、松岡主導で進めていたバナメイエビ養殖プロジェクトの完結編が放送。作業中にエビを飼育するために整備したため池で「先にエビを捕まえた方が勝ち」というゲームが行われたのだが、ここでの松岡の行動が問題だった。

「リチャードが、先にエビを網で捕まえてしまったんです。それを見た松岡は、“待て待て待て待て、(エビか)確認するから。エビなの? 本当に”と近づき、サッとリチャードの網の下に右手を入れて突き上げ、エビを逃がすというダーティなマネをしたんですよ。“お前な、幻を見たんだよ”というゲスい発言もありました。もちろん、ふだんからのリチャードとの関係があるからこそのやり取りで、リチャードも“うわー! こーわーい人!”と笑ってはいましたが……」(前同)

■国分は後輩相手に「地獄」を見せた

 番組は近づく前にナレーションに「負けず嫌いに火がついたか、明らかにたくらんでいる顔で……」としたり、妨害後に《大人のやる事かーー》と辛らつなテロップを入れたり笑いに繋げようとしたが、

《松岡のやつ、会社でやったら普通にパワハラじゃん?って思ってエゴサしたら案の定だったわw》《松岡部下の成果を台無しにするタイプの上司じゃん。パワハラやんけ》《松岡さんそれはパワハラでは》

 と、案の定、ネットは荒れてしまった。

「実は、国分についても、最近好感度を下げてしまう出来事があったんです。11月1日に千葉県の幕張メッセ幕張イベントホールで開催されたV6の解散コンサート『LIVE TOUR V6 groove』に、国分らジャニーズタレント36人も来場していたんですが、同日深夜に放送された三宅健(42)の冠ラジオ番組『三宅健のラヂオ』(bayfm)に出演した井ノ原快彦(45)と長野博(48)がとんでもない暴露話をしたんです」(専門誌記者)

 11月1日付のWEB版『日刊スポーツ』によると、11月1日の幕張メッセ公演には、嵐の櫻井翔(39)、二宮和也(38)、松本潤(38)、KinKiKidsといったビッグネームがV6の最後の雄姿を見守るために観客として来場していたが、コンサート終了後の楽屋で、

「今日のV6のラストコンサートの感想をひとりひとり言っていきましょうっていう地獄の会」

 を国分が始めてしまったという。長野によると、「俺たち全員……V6が座って、その前で(後輩が)全員言っていく」という内容だったそうだ。

■かつては「ジャニーズで最も嫌われている男」とさえ呼ばれた

「いちおう、V6本人たちには好評だったそうです。森田剛(42)が退所しますし、V6のメンバー全員が集まる機会は、11月1日以降いつあるか分からない。国分としてもこの機会に、直接思いを伝えてあげられる機会を与えてあげようと、後輩たちに気を遣ったのかもしれません。

 特に嵐はV6にはJr.時代からお世話になっていて、自分たちを“V6チルドレン“と呼ぶくらい思い入れが深いですからね。

 とはいえ、V6と直接的なかかわりがあまりない後輩たちからすれば、いきなり感想を言うには気まずいと感じてしまった者もいたでしょう。井ノ原が言うように、本当に“地獄の時間”だと思っていた後輩もいたのではないでしょうか」(前出の専門誌記者)

 以前から国分には「後輩に嫌われている疑惑」があった。19年1月放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で、三宅は「まぁ、人を見てるっていうか」という理由で国分には敬語を使っていないことを明かしている。

「14年5月発売の『週刊文春』(文藝春秋)では、国分は“ジャニーズで最も嫌われている男”と報じられ、ジャニーズの後輩を飲みに誘って平気ですっぽかしたり、参加しても先輩ヅラをしたり、会計も割り勘にすると、とんでもないディスられっぷりでした。

 もっとも、7年前の話だし、現在は『DASH』で森本やKing&Princeの岸優太(26)ら後輩にも慕われていますが、“会社員”となった以上、国分にはこれまで以上に気を付けてほしいものです」(前同)

■城島社長の人格面は問題ないのだが…

 松岡、国分に相次いで問題が発覚し、リーダーであり取締役社長でもある城島にはしっかりしてもらいたいところだが……。

「城島さんはリーダーだけに本当にしっかりしていて、後輩への面倒見もよく問題発言もほとんどない。

 ただ、城島さんの場合は、ちょっと抜けたところが多い(笑)。そういう部分は心配になります。最近も、11月9日に都内で行われた『SUITS OF THE YEAR 2021(スーツオブザイヤー)』にしっかりとスーツを決めて3人で出演した際に、ヤラカシてしまっています」

 同日にTOKIOはツイッターで国分、城島、松岡の順番に並んで撮影した写真を投稿。城島の肩に手を置き、明後日の方向で変顔をする国分、ポケットに手を入れて微笑む松岡、そして中央で両手のひらを前に出し、左足を軽く上げておどけたポーズをとる城島という写真だったのだが……。

「城島社長の社会の窓が全開(笑)。《リーダーチャック全開やんけーー!!笑》《リーダーのあの…社会の窓的なあの…》《ご・・・・ご開帳・・・》とネットで話題になり、後日国分が《リーダーチャックあいてる!!超うける!よくみんな見つけたね!》とフォローのツイートをしていましたが、大事なイベントでこのミスはちょっと先行きが不安になりますね」(女性誌記者)

 また、『DASH』でも今年1月17日放送回で手作りのお灸でリフレッシュを図ろうとした際は城島の顔をかぶせて映像が加工されていたものの、ズボンを完全に下げた城島の尻全体がカメラに映ってしまい、《ごはんの時間帯にお尻出さないで欲しい》と荒れてしまったこともある。人格面に問題はないが、うっかりが多い、という印象だ。

 ちょっとパワハラ気味な松岡、いささか人望にかける国分、うっかりの多い城島。なんとも不安が残る部分があるが、果たしてーー。

TOKIO国分太一ツイッターより

関連リンク

  • 11/13 10:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます