山里亮太、蒼井優との結婚生活で実感する「自虐」が使えない“焦り”

拡大画像を見る

 南海キャンディーズの山里亮太が、11月4日放送の「かまいたちの知らんけど」(毎日放送)にゲスト出演。女優・蒼井優との結婚について改めて語った。

 かまいたちの山内健司が、山里と蒼井が2年半前に結婚したことについて「客観的に見て、山里さんはあの結婚がゴールですけどね。あそこが山里さんのピーク」と発言。これに山里は、「ピークって言ったら下がるだけになるだろ」と言いつつも、「でも、みんな思うよ、 絶対。俺の人生ピークでしょ、そりゃ」と同意。「でも、みんなピークと思ってるところを越えられたら、もうひと山、上がるでしょ。だからいい意味での焦りになってると思う」 と続けた。

 さらに山里は「いままで結婚前に使っていた武器があるわけじゃん、自虐とか。そういうのが使えない。ドラクエで言うところのさ、転職してレベル1になっちゃったのよ」と現状を説明。

 山内が「モテない系の話、全部使えないですもんね」と言うと、山里は「使えない。だって家帰ったら蒼井優いるじゃん」と語り、「ときどき自分でもよぎるときがあるんだよ。今、 結婚前の自分だったら、5つぐらいボケあったなとか。ここに嫉妬するとか、ここで格好つけるとか、選択肢がバババって出てくるけど、ああ、全部使えない武器だったって。で、 今使える武器を探すっていうことの繰り返し」と明かした。

 山内は「結婚じゃなくて転職だったんですね」と納得していたが、山里は「でも、新しい職業は楽しい」と言い切った。結婚後も仕事が順調なところをみると、その“転職”は成功だったのでは。

(鈴木十朗)

関連リンク

  • 11/13 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます