金本知憲、コーチへの反骨で肉体改造?カープ時代に溜め込んだ“うっぷん”

拡大画像を見る

 日本プロ野球において、本塁打の歴代最高記録は、言わずと知れた王貞治氏(巨人)の868本。そのすべてが「昭和」に記録されたものだが、では「平成」に限り、最も本塁打を放ったのは誰か。正解は、金本知憲氏である。

 金本氏は、1991年ドラフト4位で広島東洋カープ入団。92年から2002年は広島、03年から引退する12年までは阪神タイガースでプレーしており、そのすべてが「平成」、通算476本塁打を叩き出したのだった。

 その金本氏が、ヤクルトで活躍した元プロ野球選手、古田敦也氏のYouTubeチャンネルに出演(11月9日付投稿動画)。そこでの金本氏の話によれば、プロデビュー当時は体の線が細く、また足が速いことから「1、2番タイプ」として広島のコーチ陣から期待され、「お前はホームランを打つタイプではない」と、引っ張って打つことを禁じられ、流し打ちに徹するよう指導を受けていたのだとか。しかし、金本氏はその指導に意固地になり、引っ張って打ちはしないが、その代わりに「流してホームランを打ってやる!」といった気概をもって体を鍛え、我々の知る筋骨隆々とした肉体を形成したのだそうだ。

 ちなみに、金本氏の体重が最も重かったのは33歳の91キロだと記憶しているそうで、その年、一番足が速かったとも振り返っている(記録では、金本氏が32歳になる2000年に自身キャリアハイとなる30盗塁を決めている)。

「平成のホームラン王」金本氏の反骨心が十分に伝わる、実に見ごたえのある動画だった。

(ユーチューブライター・所ひで)

関連リンク

  • 11/13 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます