「三代目 J SOUL BROTHERS」の11年間を支えた、今市隆二&登坂広臣の“共鳴関係”

拡大画像を見る

 2021年11月10日、「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」(以下、三代目JSB)がデビューから11周年を迎え、ベストアルバム&ニューアルバム『BEST BROTHERS / THIS IS JSB』がリリースされた。

 三代目JSBは、LDHのレジェンド・HIROからメンバー選びを託されたEXILE NAOTOと小林直己を筆頭に、パフォーマーのELLY、山下健二郎、岩田剛典に、ツインヴォーカルの今市隆二と登坂広臣で結成されたダンス&ヴォーカルグループだ。

 今回は「LDH」と「イケメン」をこよなく愛する筆者・加賀谷健が、これまでの輝かしいその足跡を前・中・後編で振り返る。中編では、三代目JSBの“集大成”となるオールタイムベストアルバム発売から、メンバー7人がソロ活動を経る過程で再確認された“絆”の物語を紐解く。

◆『THE JSB WORLD』リリースのタイミング

 今市が初めてシングル表題曲の作詞を小竹正人とともに担当した21stシングル『HAPPY』(2017年3月8日リリース)のMVでは、ほとんど完璧なプロポーションで画面に収まるメンバー7人(特に“臣岩コンビ“の誘惑的で超絶クールな髪型と表情!)の姿に空いた口が塞がらなかった。

 それに連なり3月29日のオールタイムベストアルバム『THE JSB WORLD』リリースもベストなタイミングだったように思う。

『THE JSB WORLD』は、三代目JSBの集大成として数々のヒットナンバーが網羅されているばかりか、彼らがこれからさらに飛躍していくための大きな未来図を描くターニングポイントにもなっている。

 このオールタイムベストアルバム発売前後では、メンバー7人それぞれの個性を活かしたソロでの活躍を展開。それぞれがスポットライトを浴び、スタンドマイクの前に立つ5thアルバム『PLANET SEVEN』のリード曲「Eeny, meeny, miny, moe!」ですでに片鱗を覗かせていたように、実に個性溢れるこの7人は、各々の持ち味を活かしてマルチな才能を発揮することで、三代目JSB全体のアーティスト性や表現性に磨きをかけていくのだ。

◆パフォーマーたちの多彩なソロ活動

 まずリーダーのNAOTOは、ファッションデザイナーの顔を持ちあわせ、2015年にすでにアパレルブランド「STUDIO SEVEN」を設立。『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)レギュラーなど、テレビでも芸人たちを凌ぐ程のコメント力を見せる。

 映画『マンゴーと赤い車椅子』(2015)では初めて歌唱も披露し、さらに三代目JSBが本人役で登場するテレビ東京系の初主演ドラマ『ナイトヒーローNAOTO』(2016)のコンセプトにも驚かされた。

 兼ねてからハリウッド進出に興味のあった小林は、モントリオール世界映画祭など各国映画祭で賞を受賞した映画『たたら侍』(2017)での侍役が世界的に高い評価を得る。純日本的な出で立ちながら、小林の演技力はまさにハリウッドスケール。巨匠リドリー・スコット監督が製作総指揮を務めたNetflixオリジナル作品『アースクエイクバード』(2019)ではオーディションでの大抜擢だった。

 山下は関西人らしい明るいキャラクターを活かして2015年から『三代目 J SOUL BROTHERS 山下健二郎のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で冠ラジオ番組をスタート。2018年の『ZIP!』(日本テレビ)火曜のパーソナリティへの抜擢では、朝の顔として元気を届ける姿に思わず眠気も吹っ飛んだものだ。

 そして岩田は、『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(2016)で映画初主演を果たし、爽やかな岩ちゃんスマイルで「第40回日本アカデミー賞」新人俳優賞を受賞。新境地を見せた『去年の冬、きみと別れ』(2018)やフランスの大女優ジュリエット・ビノシュと共演した『Vision』(2018)など、俳優としての才能を着実に開花させていった。

◆ツインヴォーカル今市・登坂の共鳴関係

 ELLYもプロゲーマーの側面を見せつつ、「CrazyBoy」名義でヒップホップアーティストとしての活動を本格始動させていく。2017年2月24日には1st EP作品『NEOTOKYO EP』をリリースし、独自の世界観を追求。その収録曲「OZ Monster feat.OMI」には登坂がゲスト登場し、「HIROOMI TOSAKA」名義のソロプロジェクトに繋げた。

 登坂のソロとして初のデジタル・シングル「WASTED LOVE」(2017年7月27日リリース)では、登坂本人の過去の恋愛がリアルに歌い込まれている。一方、今市もブライアン・マックナイトら尊敬するブラック・ミュージシャンたちとの交流を通じて、R&Bをバックグラウンドにしながら、2018年のソロデビューを温めた。

 ソロアーティストとしての今市と登坂の音楽的志向は、それぞれ「R&B」と「EDM」とくくってしまうことは可能だが、三代目JSBが2018年6月6日にリリースした7thアルバム『FUTURE』には、今市と登坂のソロCDが同時収録されており、志向する音楽ジャンルを超えて三代目JSBのツインヴォーカルが共存・共鳴関係にあることが分かるだろう。

◆『HiGH&LOW』シリーズで確かめ合う絆の物語

 このように各方面で多彩に活躍するメンバー7人のソロ活動は、LDHによる2015年の総合エンタテインメントプロジェクト『HiGH&LOW』シリーズのドラマにて、メンバーそれぞれの特色をそのまま役柄に反映させた戦略的な配役によって集約されている。

 LDH全体を見渡しても三代目JSBメンバーの演技力の高さは群を抜いているが、メンバーたちのこのシリーズでのインパクトは絶大だった。

 日本テレビ系で放送のドラマ『HiGH&LOW〜THE STORY OF S.W.O.R.D.〜』(2015)から出演していたELLY、山下、岩田、登坂の他に、『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』(2017)からNAOTOと小林が配役され、今市は、『ROAD TO HiGH&LOW』(2016)で主題歌「FOREVER YOUNG AT HEART」を担当し、名バラードを披露。「全員主役」のキャッチコピーがあるように、このシリーズを通じてメンバー7人全員が最高のフォーメーションを組むことができたわけだ。

 しかもこの今市の歌唱に筆者は深い感動を覚えた。

大好きだった映画の一場面 少年は最期に仲間に『いつまでも輝きを忘れるなStay gold!』そう言い残した」の「映画の一場面」とは、フランシス・フォード・コッポラ監督作『アウトサイダー』(1983)からの引用だが、これを今市が歌うことで、ラルフ・マッチオ扮する不良少年のように仲間たちに最高のエールを送っているのだ。

 このように『HiGH&LOW』シリーズは、LDHグループ全体の一大プロジェクトでありながらも、三代目JSBの絆の強さを確かめ合う“サイドストーリー”としても読み込むことが出来る。

 「輝き続けることが 生きてくことなんだと信じてきた」

 そう、三代目JSBは、私たちにとっての「胸に光るダイヤみたいに」、これからも輝き続ける物語として語り継がれるのだった。

<文/加賀谷健>

【加賀谷健】
音楽プロダクションで企画プロデュースの傍ら、大学時代から夢中の「イケメンと映画」をテーマにコラムを執筆している。 ジャンルを問わない雑食性を活かして「BANGER!!!」や「映画board」他寄稿中。日本大学映画学科監督コース卒業。Twitter:@1895cu

関連リンク

  • 11/13 8:46
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます