死者9人の米音楽フェス。「圧死しかけた」9歳男児の親が人気ラッパーを提訴

拡大画像を見る

 今月5日(現地時間)に開催された米音楽フェスティバルで、観客がステージ前に殺到し、多数の死傷者が出る事故が発生した。300人以上が負傷したと報じられ、このうち9歳の男の子は、意識不明の重体と伝えられている。男の子の両親は「息子が圧死しかけた」として、フェスを主催した人気ラッパーのトラヴィス・スコットを提訴した。

◆約5万人が参加し、会場はすし詰め状態だった

 テキサス州ヒューストンで5日に開催された音楽フェス「アストロワールド」には約5万人が参加。密集状態だった会場で、一部の観客がバリケードを突破して、ステージ前に殺到したことで大混乱となり、多数の死傷者が出る大惨事となった。

 このフェスに参加していた9歳の少年エズラ・ブラント君も、事故に巻き込まれ、重傷を負った。エズラ君は現在、生命維持装置に繋がれ、治療のために昏睡状態に置かれていると報じられている。

◆9歳の男の子も群衆に踏みつけられた

 この事故を受け、エズラ君の両親は「息子が圧死しかけた」として、主催者のトラヴィスや、共同主催のエンターテイメント企業「ライブ・ネイション」、イベント会社などを提訴した。

 裁判書類では、エズラ君の名前がE.B.とイニシャルのみで綴られ、「パフォーマンス中に押し寄せた観客に踏みつけられたことで、肝臓や腎臓、脳が著しく損傷した」と記されているという。

 また、「その若く、成長過程にある身体が受けたこれらの怪我の影響は、一生続くことになる」とも記されており、エズラ君が負った傷が、今後の人生に影響を与え続ける可能性を示唆している。

 両親の担当弁護士は、会見で次のように述べている。

「この家族が受けている苦しみは計り知れないものです。前途洋々だった小さな男の子の命が、アストロワールドでのずさんな管理ミスのせいで危ぶまれています。息子に降りかかった、取り返しのつかない被害に取り組もうとするこの家族へ、大きな祈りを捧げてくださるようお願いします。EB、家族、そしてアストロワールドでトラウマを抱えた全ての顧客の皆様のため、私たちは正義を追及していく所存です」

◆「観客をあおった」「事故発生後もそのまま続けた」観客ら訴え

 この事故をめぐっては、エズラ君の両親以外にも、30人以上が訴えを起こしている。原告側は、トラヴィスをはじめ、トラヴィスのレコード会社やライブ・ネイション、そのほかの運営会社が、適切なセキュリティー対策を実施しなかったとしている。訴えた観客の1人は、「群衆がどっと押し寄せてパニック状態になった。警備員に助けを求めたが無視された」と主張しているという。

 さらに、このフェスでパフォーマンスした大物ラッパーのドレイクも「観客をあおった」として、トラヴィスとともに訴えられている

 また原告側は、事故が発生した後も、トラヴィスが40分以上にわたりパフォーマンスを続けたと主張。過失及び重度な過失行為に値すると訴えている。

◆過去にも観客をあおって大事故に

 トラヴィスは事故後、ツイッターで声明を発表。「昨夜の出来事にひどく打ちのめされています」としたうえで、地元警察の捜査への全面協力と、被害を受けた家族への支援を約束した。

 その後、この事故で亡くなった人の葬儀費用を負担することや、観客全員にチケット代の払い戻しを行うこと、今回の件で精神的ダメージを受けた人に無償でセラピーを提供することも発表した。

 ただ、トラヴィスは過去にも、自身のコンサートで暴動を扇動したとして、逮捕されたり、裁判沙汰になったりしている。なかには、観客の男性がバルコニー席から落下して、背骨などを骨折したケースもあったという。その男性は、半身不随となり、車椅子生活を余儀なくされていると伝えられている。

「過去の経験から学び、しっかりとした安全対策を講じていれば、防げたはず」。そんな怒りの声が、あちこちからあがっている今回の事故。現地時間11日には、集中治療室で治療を受けていた22歳の大学生が亡くなったことが発表された。この事故による死者数は9人となった。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>


関連リンク

  • 11/13 8:43
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます