東出昌大、唐田えりかとの「3年ゲス不倫」を「スマホのせい」に!?ベッキー、藤田ニコル、ヘイセイ山田涼介「スマートフォン恐怖芸能人」

拡大画像を見る

 10月14日発売の『週刊文春』(文藝春秋)に、アメリカ人の父と日本人の母親を持つ20代の一般女性との交際とロケ地・広島で宿泊していたホテルへの“連れ込み愛”を報じられた俳優の東出昌大(33)。

 そんな東出と所属事務所の間で話し合いが持たれ、次に問題を起こした場合は即解雇という結論に達した、と11月9日発売の『女性自身』(光文社)が報じている。

 東出といえば、2020年1月に女優の唐田えりか(24)との3年にわたるゲス不倫が発覚。同年8月には元妻で女優の杏(35)との離婚を発表した。

『女性自身』によると、東出は唐田との不倫が報じられてからはプライベートではほとんどスマホを使わなくなり、代わりにiPadを使うようになったという。

 東出は2017年11月の『PON!』(日本テレビ系)に出演した際、「最近、携帯電話をスマホからガラケーに変えた」と明かし、その理由について「スマホは億劫だなと思っちゃって」と話していた。

「実はこの時期に唐田との浮気が杏にバレていたそうなんです。それをきっかけにスマホからガラケーに変え、唐田の連絡先も消して関係を清算したといいます。それで浮気は許されたそうですが、唐田とまた関係を持つようになり、同時期に再びスマホを使うようになったと『女性自身』では伝えています」(女性誌記者)

 しかし2020年1月、スマホでの唐田とのやりとりを杏に見られたことで2度目の不貞が発覚。この頃から東出はiPadを使用するようになったというが、それは東出がスマホのせいで不倫がバレてしまったと考えているからだという。

「スマホは他人に見られる可能性があるため、多少不便でもiPadを常に持ち歩くようになり、LINEなどの連絡もiPadで行なっているといいます。ただ、スマホだろうとガラケーだろうとiPadだろうと、そもそも不倫しなければいいだけの話だとは思うのですが……」(前同)

■“元祖ゲス不倫”のベッキー&インスタフォロワー416万の藤田ニコルも……

 東出だけではなく、スマホに“トラウマ”を抱えている芸能人は少なくない。“元祖ゲス不倫”のベッキー(37)もその1人だろう。

 2016年1月、『週刊文春』(文藝春秋)がベッキーとゲスの極み乙女。の川谷絵音(32)の不倫を報じ、世間に大きな衝撃が走った。

 同誌が発売される前日、ベッキーは記者会見を行なって「おつき合いということはなく、友人関係」だと強調。しかし、翌週の『週刊文春』には川谷の当時の妻のインタビューが掲載され、さらにその翌週の号には、ベッキーと川谷のLINEのやりとりまでが掲載されたのだ。

 ベッキーは川谷に「友達で押し通す予定!笑」と、川谷はこれに「逆に堂々とできるキッカケになるかも」と返し、ベッキーも「私もそう思ってるよ!」と応じている。

 さらに川谷は、交際をオープンにできることについて「ありがとう文春!」と開き直り、ベッキーが「センテンススプリング!」と応じたやりとりがあったことも発覚。「文」と「春」を英語にした「センテンススプリング」は流行語になり、いまだにベッキーにつきまとっている。

「通常であれば考えられないLINEのやりとりが流出してしまったわけですから、ベッキーも川谷も当時、相当な恐怖を感じたのではないでしょうか」(前出の女性誌記者)

 インスタグラムのフォロワー数416万人を誇る藤田ニコル(23)も、スマホへの恐怖心を露わにしていた時期もあった。

 2019年11月放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で、MCのフットボールアワー・後藤輝基(47)が「LINEで悩んでるとかね、煩わしさを感じる人もいる」と話すと、藤田が「最近、携帯をガラケーにする人もいます」と、“LINE疲れ”によってスマホからガラケーに変える人もいると反応。

 続けて、藤田は「今までLINEがなくても仕事ってできたじゃないですか。だから私も携帯ちょっと古くしたいなって思います。今いろいろできすぎてて」とし、「モデルの人に“LINE教えて”って言ったら、“LINEやってない”って言う人めちゃくちゃ多いです」と、モデル業界で“LINE疲れ”が広がっていると明かした。

■山田涼介の“裏アカ”が狙われている!?

 5月14日発売の『FRIDAY』(講談社)では、ジャニーズタレントのSNSアカウントが悪質なハッカーに狙われているという記事を掲載。

 ハッカーはジャニーズタレントのSNSアカウントのパスワードを奪い、アカウントを乗っ取ることで本人が知らないうちに私生活を覗き見るのだという。

『FRIDAY』では実際に悪質なハッキングを行なっているというハッカーのコメントを掲載。そのハッカーはこれまで30人以上のジャニーズアイドルのパスワードを入手し、ファンに販売してきたというから驚きだ。

「ジャニーズタレントは事務所から個人のSNSを運用することを基本的に禁止されています。そのため、匿名で“裏アカ”を使っている人が多い。その裏アカをファンが特定し、ハッカーがパスワードを奪い、悪質なファンに販売しているといいます」(芸能プロ関係者)

 SNSのパスワードはタレントの知名度によって異なるが、20~30万円の値がつくとされる。

「多くのジャニーズタレントがいる中、最も高値がつくのがHey!Say!JUMP(ヘイセイ)の山田涼介さん(28)だといいますね。ヘイセイ、そして山田さんのファンには熱狂的な人も多いですからね。

 山田さんは9月に念願だったYouTubeチャンネル『LEOの遊び場』を開設し、ゲーム実況動画をアップしていますが、自宅やSNSアカウントの特定には細心の注意を払っているのではないでしょうか」(前同)

 頑なにガラケーを使い続けている芸能人もいるが、有名になればなるほどスマホ使用に抵抗が出てくるということなのか……。これから、先祖返りが進行する可能性もあるかも?

関連リンク

  • 11/13 8:35
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます