二宮和也「アラシック」突然の発言は嵐ファンつなぎとめ? 5人での活動再開をめぐるジャニーズ事務所事情

拡大画像を見る

 嵐の二宮和也(38)が11月8日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)で、嵐ファンの通称を口にする場面があり、ファンの間で話題となった。

 この日は、二宮がゲストとして登場し、しゃべくりメンバーとさまざまなトークを繰り広げた。その中で、MCを務めるくりぃむしちゅーの上田晋也(51)が嵐の活動休止後もメンバー同士でやりとりをしているのか尋ねたところ、二宮はそれぞれの誕生日に連絡を取っていると返答。

 また、松本潤(38)がNHK大河ドラマ『どうする家康』の主役に抜てきされたり、櫻井翔(39)と相葉雅紀(38)がNHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーターを務めたりした際には、メンバー間で祝福や激励のメッセージを送り合っていたことを明かし、上田から「仲いいね、相変わらずね」と驚かれていた。

 そしてオープニングのトークが終わると、二宮はジャニーズ2択クイズをしゃべくりメンバーに出題。2問目の「KinKi Kidsのファンを何と呼ぶ?」というクイズを出題する中で、二宮が「たとえば、嵐だとアラシックのような名称があります」と説明したところ、その“アラシック”という通称について、嵐のファンから歓喜の声が続出する事態に。

 嵐の活動がずっと休止していることもあり、嵐ネタに飢えているファンも多かったのだろう、ネット上には「ニノの口からアラシックという言葉が出た瞬間すげーうれしかった」「ニノの口からアラシックって言われて大興奮だわ」「台本かもしれないけどニノの口から『アラシック』って聞けただけで大満足です!!」などといった反響が相次いでいた。

■アラシックは二宮和也のサービス?

 アラシック発言が反響を呼んだことからも分かるように、多くの嵐ファンが1日でも早いグループの活動再開を待ち望んでいるわけだが、それはまだ先のようだ。11月3日にあった映画の舞台あいさつでは、櫻井が大野も含めたメンバー5人で飲み会を開いたと話して、ファンは期待に胸を膨らませたが、漏れ聞こえてくる大野の様子では、しばらくはその気になりそうもない。大野の芸能活動に対する疲弊が休止の大きな理由だったこともあり、事務所も無理を言えない状況なのだ。

「ファンが嵐の再活動を望んでいるのは、当然、メンバーもジャニーズ事務所も分かっています。だからこそ、今回、嵐のライブ映画『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』を投下して、ガス抜きをしたのでしょう。二宮のアラシック発言も、嵐ネタを求めるファン心理を意識したものだと思いますよ。そのたびにファンは活動再開を期待してしまいますが、まぁ、しばらくは難しいでしょうね」(芸能誌記者)

 映画にアラシック発言。ファンにとってはどちらもうれしいのだろうが、肝心の活動再開については、まだまだ実現しなさそうだ。

関連リンク

  • 11/13 8:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます