「女性誌報道にブチギレ反論」水川あさみ&窪田正孝夫妻が「宮沢りえと森田剛」になる日!?芸能界・CM界「大揺れ」の裏側!

拡大画像を見る

 女優の水川あさみ(38)と戸田恵梨香(33)が10月27日にそろってインスタグラムを更新し、一部女性週刊誌が報じた“不仲説”を否定したことが、いまだに波紋を広げている。

 水川は「芸能人が嘘をつくと怒られるのに週刊誌が嘘をつくと怒られないのはなぜですか?」と問いかけ、「憶測を元に面識のある女優さん、タレントさんに絡めた数々の悪意ある記事。事実無根だと言っても強行突破で発売され、その後の追い記事にもかなり目に余るものがあります」と反論を展開。

 戸田も同じタイミングで「どれだけの人を巻き込んだら気が済むのだろう どれだけの人を傷つけたら気が済むのだろう」と怒りを露わにした。

 異例の“共同抗議声明”を行なった水川と戸田に対し、SNSには「戸田恵梨香ちゃん水川あさみちゃん頑張ってほしい」「強くて強いの最高だな、頑張っていただきたい」と後押しする声が上がっている。

 そんな水川だが、ここ最近、気になる報道も見受けられる。

 9月4日の『NEWSポストセブン』では、懇意にしているハイパーメディアクリエイターの高城剛氏(57)の影響なのか、水川が陰謀論めいたことを熱く話すこともあると報じているのだ。

 また、11月4日発売の『週刊新潮』(新潮社)でも、水川の夫で俳優の窪田正孝(33)が、ドラマの撮影現場にコロナ感染対策のためとして、周囲を除菌してくれるスタッフを連れてきており、彼らは周囲から「コロナバスターズ」と呼ばれていると伝えている。窪田はロケ弁にも手をつけることはなく、水川が作った弁当だけを食べていたという。

■水川あさみが家族ぐるみで営む個人事務所に窪田正孝も加入!?

 芸能プロ関係者は話す。

「窪田さんは水川さんの影響をかなり受けているようで、自身に来たオファーも水川さんに受けるかどうか相談しているそうです。“窪田さんの仕事を取捨選択する決定権も水川さんにある”とまで言われるほどなんですよね」

 水川は2016年にそれまで所属していた芸能事務所から独立し、個人事務所を立ち上げている。経営者やマネジメント的な視点から窪田の仕事をチェックしている、ということだろうか。

「会社を経営している水川さんの両親も娘の芸能活動をサポートしていて、個人事務所も家族ぐるみで営んでいるといいます。実は、その事務所に窪田さんも将来的に加入するのではないかとも言われているんです。

 2019年7月、ジャニーズ事務所に公正取引委員会の調査が入ったという報道もありましたが、以降、大手事務所から独立するタレントも増えてきています。窪田さんも現在の所属事務所から水川さんの個人事務所に移籍し、夫婦二人三脚で芸能活動をしていく可能性もあるのでは、とささやかれているんです」(前同)

 11月2日、元V6メンバーの森田剛(42)と妻で女優の宮沢りえ(48)が新事務所「MOSS(モス)」を立ち上げたことが明らかになった。

「水川さんと窪田さんも、森田さん・宮沢さん夫妻のような形を目指すのかもしれません。水川さんは、宮沢さんを“尊敬している”とかねてから公言してきましたからね」(同)

■水川あさみは宮沢りえの勧めで舞台にも挑戦

 2016年7月の『ミュージック・ポートレイト』(Eテレ)に出演した水川は、2011年のNHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』で、宮沢と共演した際に大いに影響を受けたと語り、「演技をするときは、自分を客観的に見ている自分がいて、3分の2くらいでやるのがちょうどいいと思っていた」ものの、宮沢との共演したことで「役にどっぷり入り込んだ。1年間、心の筋トレをしているような気持だった」と振り返った。

 また、宮沢から「女優として演技を学ぶには、舞台がいい」という勧めもあり、それまで未経験だった舞台にも挑戦するようになったという。

「今や、芸能人が大手事務所から独立し、個人でやっていくのは普通のこと。特にコロナ以降はそれが増えましたよね。だから、個人事務所が悪いわけでは全くありません。ただ、大手広告代理店などでは、大手事務所に所属しているタレントだからこそ、安心してオファーができると考える側面もあります。それは、契約の順守だったり、何かあった際のフォローの体制だったりの信用・信頼があるからです。

 だから、もし窪田さんが今の大手事務所から水川さんの事務所に移籍するとなったら、“CMは今後どうなるのか”と心配する声も出ているようですね」(前出の芸能プロ関係者)

 水川・窪田夫妻は、森田・宮沢夫妻と同じ道を歩もうとしているのだろうか――。

関連リンク

  • 11/13 8:05
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます