高級ホテルの鉄板焼レストランがこの冬届ける、40,000円のフレンチコースとは?

「ウェスティンホテル東京」にある『鉄板焼 恵比寿』。上質で新鮮な食材を巧みな技で目の前で焼き上げてくれて、旬の素材の芳醇な香りや味わいを愉しむことができる一軒だ。

同店では、今年9月に初となるフレンチスタイルのコースメニュー「鉄板焼フレンチ」を開始。そして今月11月から来年1月末までは、その「鉄板焼フレンチ」の冬季限定メニューを提供している。

この冬は、ホテルの最上階に位置する煌めく夜景に彩られた空間で、特別な時間を過ごしてみては?

「冬の鉄板焼フレンチ」

価格:40,000円(税・サ込)
提供期間:2022/1/31(月)まで
除外日:2021/12/23(木)~2022/1/6(木)

選び抜いた材料を熟練の焼き手がダイナミックかつ繊細にフレンチスタイルで仕立てる「鉄板焼フレンチ」の冬季限定メニュー。

目の前で香ばしく焼き上げるロブスターや、ホタテ貝を贅沢に楽しむ熱々のブイヤベースをはじめ、ハーブバターソース香る「鮑と帆立のグリル」やオリジナル黒毛和牛「黒恵比寿牛」をフォアグラと合わせたロッシーニなど、前菜からデザートまで鉄板焼で堪能できる贅を尽くしたフルコースだ。

【内容】
・「恵比寿ビーフコンソメ」
・「スモークサーモンとキャビアのパンケーキ」
・「鴨のコンフィとサルラ風ポテト」
・「鮑のグリル 海藻バターソース」
・「ロブスター ホタテ貝 イトヨリのブイヤベース仕立てぺルノー風味」
・「恵比寿牛とフォアグラのロッシーニ 焼き野菜と焼きリゾット添え」
・「本日のチーズと薄切りフルーツの鉄板焼」
・「ババ・オ・ラム ラム酒風味のババ クレミア添え」
・コーヒーまたは紅茶

メニューの一部をご紹介!

(手前から)
「スモークサーモンとキャビアのパンケーキ」
目の前の鉄板でブリニを焼いてお皿の上に。スモークサーモンとサワークリーム、そしてキャビアを1缶添えて提供。シャンパーニュと合わせるのにふさわしい一皿。

「鴨のコンフィとサルラ風ポテト」
冬の料理ににふさわしい鴨のコンフィ。鴨のモモと砂肝のコンフィは、目の前で皮目を焼いて仕上げてくれる。鴨からとった脂でポテトを焼き、野菜と共にコンフィに添えて。トリュフの産地ペリゴール地方の定番料理を鉄板焼で表現した一品だ。

「ロブスター ホタテ貝 イトヨリのブイヤベース仕立てぺルノー風味」
ロブスターと帆立、イトヨリ(魚は季節により変動)を鉄板で焼いてから、鉄板の上に載せたストウブでスープと合わせて仕上げるブイヤベース。目の前で料理が出来るダイナミックさと熱々の出来立てが楽しめる、鉄板焼ならではの目にも舌にも楽しい贅沢な一品。

「恵比寿牛とフォアグラのロッシーニ 焼き野菜と焼きリゾット添え」
恵比寿牛のフィレとフォアグラを重ねたロッシーニを鉄板焼で楽しむボリューム感のある一皿。
トリュフが香るペリグーソースをたっぷりとかけ、トリュフを上からスライス。フレンチらしく、ご飯の代わりに鉄板の上で焼いたリゾットを添えて提供。

■店舗概要

店名:鉄板焼 恵比寿
住所:目黒区三田1-4-1 ウェスティンホテル東京 22F
営業時間:ランチ 11:30~(L.O.14:30)
     ディナー 17:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:月曜
電話番号:03-5423-7790

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/13 5:00
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます