贅沢に“港区で鮨デート”ならココへ!個性派な握りが楽しい店5選

そろそろ恋人たちの季節に向けて、デートに本気を出していきたい。

「年内のうちに少し奮発して、ゴージャスなデートを!」と考えているなら、“港区でお鮨”が断然おすすめ。

極上の握りであることはもちろん、さらに+αの楽しい要素で、思い出に残る名店ぞろい!

今回は、個性際立つ握りで魅せる、港区きっての人気鮨店をピックアップ。

どの一軒も間違いなくデートの切り札として重宝するはずだ!



※コロナ禍の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。

1.港区の大人も驚く、“イノベーティブ鮨”という新体験!


鮨エム@西麻布

鮨体験が豊富な大人でも、あっと驚く握りを出すと話題のこちらのお店。都内屈指の鮨のマリアージュを楽しめる。

コースでは握りが10種類程度出るが、熟成鮨や新たに開発したという鮨まで縦横無尽。中でも、のどぐろの鮨を、300度に熱した台に昆布を敷いて置き、湯をかけて蒸す「蒸し鮨」が名物だ。

店内は前後のダブルカウンターという珍しい設えで、天井からの照明が鮨を照らす粋な空間。間違いなくデートが盛り上がる一軒である!

2.“驚き”がコース随所に待ち受け、ワクワクが止まらない!


鮨 由う@六本木

おまかせコース全体に“驚き”がちりばめられ、何度も歓声を上げてしまうほどのインパクト大の握りで魅了する人気店。

オリジナルのキャビアを使った「毛ガニ うに キャビアのせ」や名物の「プリン巻」、豪快なビジュアルでコースのラストを飾る「福巻」など、ゴージャスで盛り上がる逸品が多数登場する。

インパクト抜群のネタの数々に魅了され、高揚感は増すばかり。大将の気さくな人柄も味方し、この一軒でのデートをきっかけにして彼女との距離感もさらに親密になるだろう!

3.豪快な炭火炙りトロが絶品!


鮨十@西麻布

人通りも少ない青山方面に向かう西麻布の路地裏に潜む、瀟洒な一軒家。超高級鮨店に負けない仕入れと独自性でゲストを喜ばせ、記念日利用する人が多い人気店だ。

鮨ツウの間で話題となっている名物が、「鮨十コース」のメインである「大トロ炭火直火炙り」。上から炭火を当て、人の舌が一番甘みを感じる30~40℃に、握り全体をシャリまで温めるように炙る。

食感も温度も初めての感覚で、一度食べたらクセになる極上の一貫!他にもコースの随所にサプライズが散りばめられており、訪れる人々を虜に。大切な人と美味しさを共有したくなる名店だ!

4.“港区で最も映える!”と噂の逸品「うに鮨」は必食


鮨いち@西麻布

「港区に鮨店は数あれど、この店ほどユニークで楽しさに満ちたお店はない!」と、ツウな大人も大興奮!東京で最もフォトジェニックと言っても過言ではない握りがある、こちらの人気店。

その逸品は「うに鮨」である。スプーンにこんもりと盛られる、なんとも可愛らしいビジュアルだ。2種のうにを贅沢に使い、シャリにもうにを混ぜ込んだ、まさに純度100%の一品。

ビジュアルもさることながら、味のインパクトも絶大。舌が肥えた女子も、この「うに鮨」の前では平常心ではいられないだろう!

5.お忍び感たっぷりな、知る人ぞ知る青山の隠れ家鮨!


鮨 龍次郎@表参道

南青山の路地奥、まるで人目を避けるかのような佇まいのこちらのお店。名店『海味』の二代目大将が独立してオープンした、人気・実力ともに鮨ツウが認める一軒だ。

『海味』のスタイルに倣い、先付の後、コース冒頭で中トロが登場。とくにマグロに力を入れているという同店は、仲卸の『やま幸』からピンの本マグロを仕入れている。始まりにして一気に心を掴まれる至極の一貫だ。

あきたこまちをベースにコシヒカリをブレンドした鮨飯も、口中でほろりと崩れる絶妙なしあがり。鮨好きを公言する彼女でも、確実に満足させられるだろう!

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/13 5:01
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます