大倉忠義 関ジャニ村上と横山のジェラシー?暴露 プロデュースの「なにわ男子」デビューで

拡大画像を見る

 関西ジャニーズJr.出身の7人組グループ「なにわ男子」が12日、念願のCDデビューを飾った。2018年の10月のグループ結成以来、プロデュースを務めてきたのは関ジャニ∞・大倉忠義(36)だ。

 この日の7人は早朝から大阪・万博記念公園で民放各局に生出演。その後はチャーター機で羽田空港に向かい、到着後には格納庫内でデビュー曲「初心LOVE(うぶらぶ)」を披露した。大倉はともに大阪からチャーター機に同乗し、手塩にかけてきた後輩たちの晴れ舞台を頼もしそうに見守った。

 7人組のデビューについて大倉は、メンバーの村上信五(39)と横山裕(40)の“反応”も明かした。前夜、関ジャニ∞となにわ男子は「ベストヒット歌謡祭」(日本テレビ系)に出演。後輩たちの生パフォーマンスを目の当たりにし、「村上君はボソッと『仕上がってんなァ~』って言ってました。横山君は、『王道』って言われてるのが気にくわないみたい。『オレらも王道や!』って」とジェラシー?を口にしていたという。

 「初心LOVE」のレコーディングに立ち会い、この日の「ミュージックステーション」の演出プランも考案してきた大倉。旅立つ後輩に「ここからいろんなアーティストと肩を並べるようになるわけですから、自分たちの個性を自分たちで見つけて輝ける存在になってほしい」とエール。2025年には大阪・関西万博開催に向け「一緒に大阪を盛り上げる活動を考えています」と関西勢で共闘する意向。

 また、ジャニーズ事務所副社長でJr.部門を統括する滝沢秀明氏(39)も駆けつけ「きょうのこの日は一生もの。輝いて磨きをかけたグループになることを期待しています」と話した。

関連リンク

  • 11/13 4:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます