河北麻友子、高校にタクシー通学の問題児!? すみれとぶっとび帰国子女コンビ

拡大画像を見る

 11月10日放送の「突然ですが占ってもいいですか?」(フジテレビ系)に登場したのは、河北麻友子とすみれ。 

 占い前に2人の関係性について問われると河北が「お父さん同士が昔から仲良くて~、連絡先をききました」とプライベートで仲がいいと明かした。2人ともアメリカの帰国子女という共通点から、普段は英語で連絡をとっているという。

 さて、そんな2人を琉球風水や姓名判断、さらに周りの数字、特に携帯電話の番号下4桁から開運へ導くオリジナル占術である数意学を扱うシウマ氏が迎え入れた。

 まず、すみれの携帯番号下4桁の合計27は、実はあまりいい数字ではないという。

「ネガティブな言葉をいわない方がいい」そうシウマ氏の提案を聞いていた河北から「ああ、そう思う。(すみれは)素直だから、影響されやすい気がします」という見解。

 河北の合計数字17はいい数字だとわかると、アメリカ流の大きなガッツポーズで喜びを大袈裟なほど爆発させた。

 かと思えばシウマ氏に「ちゃんと考えて行動している。基本的に計画的で、順を追って計算しています」と性格を分析されると「“計画”っていってくれます?“計算”じゃなくて」と河北はプンプンしているが、このアップダウンも計算か?

 そして2人の「異性選びが合わない」かつ、すみれに関してはタイプ(好み)というものが存在しないようだと指摘される。これについて河北は「わかる。すみちゃんの相手を全員見てきて、“えっつ⁉”みたいな」とストレートな意見。

「人を見る目が心配なのは、すみれさんですね。男性を見る目が少し弱い」といわれると、すみれは苦笑いだったが「束縛をしがち。紐つけているみたいな感じ。極論ですよ」とシウマ氏が続けると「はい! します。でも、そんなことないですよ!!」と すみれが慌てている。

 その隙に「言い方がよくないですね。極論NO, NO, NO」と河北は、バラエティ番組で培ったであろう巧なリアクション芸を披露した。

 なんとか場をしのいだかと思えば「携帯とかも見たい人」とシウマ氏が探ると「そう、そう、見たい」と素直に笑顔で、すみれはロックオン(=的中)。

 あと、なんだか面倒をみたくなっちゃうようで……。

「ダメ男にしてしまいやすい」とシウマ氏が深掘ると「基本的に年下の人とお付き合いすることが多かった。仕事以外は、ほぼその人のためにとか、よくあったかな」と振り返り、河北は「スゴい優しくて、やってあげたい気持ちが強いから、ダメ男になっていっちゃう。優しさに甘えちゃう人はいると思います」と親友をフォローした。

 シウマ氏は「相手の見栄えも気にした方がいいです。背が高くてとかではなく、服の着方がオシャレな男性」とアドバイス。

 どうやら心当たりがあるようで「あッ! 元カレは結構“アメリカンパパ”みたいな。シャツでもTシャツでもズボンの中に入れちゃって、ウエストポーチとかしていた」とほほ笑む隣で河北は「一周回ってオシャレ」と細部まで気が利く。

 そして今年はじめに8年間交際した一般人と結婚を発表した河北と夫の相性は「抜群」だという。

 帰国子女ゆえの共通する悩みを抱えていたことなどについて占いを通して振り返り、芸能界に興味がないままキャリアが始まった河北に対し「カルチャーショック受けただろうな」とシウマ氏が共感すると「メチャメチャ受けました。(当時通っていた)堀越高校始まって以来の“問題児”っていわれていました。毎日、禁止だったタクシーで学校いっていました」という発言には、隣に座るすみれもさすがに苦笑い。

 収録後には占い内容に満足したようで「すみちゃん人生で1番当たったらしいです“(本人に)いってあげたらいいのに~”って連れてきちゃった」と、2人で再度スタジオを訪れ挨拶をしていた。

 テンション高めであけっぴろげな河北に、終始押されっぱなしでたじろいでいたシウマ氏とすみれだったが、しっかりリードし番組を盛り上げたその力量はあっぱれだった。

  • 11/12 20:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます