森で<白トリュフ>を探す老人たちのドキュメンタリー 津田健次郎ナレーションの予告公開

 『君の名前で僕を呼んで』の監督ルカ・グァダニーノが製作総指揮を務めたドキュメンタリー映画『The Truffle Hunters(原題)』が、邦題を『白いトリュフの宿る森』として2022年2月18日より公開されることが決定。声優の津田健次郎がナレーションを務める予告編と、日本版ポスターが解禁された。

 世界で最も希少で高価な食材、アルバ産<白トリュフ>。その名産地である北イタリア・ピエモンテ州で、夜になると森に<白トリュフ>を探しに出てくる、まるで妖精のようなおじいさんたちがいる…。本作は、写真家のマイケル・ドウェックが、このささやかな言い伝えを耳にしたことから製作がスタートし、<白トリュフ>に隠されたおとぎ話のような実在する世界を捉えたドキュメンタリー。

 2020年1月に第36回サンダンス映画祭でお披露目されたのをきっかけに、批評家たちの間で「異彩を放つドキュメンタリー」として瞬く間に話題となり、第73回カンヌ国際映画祭、第45回トロント国際映画祭ほか数々の国際映画祭で正式上映され、合計20部門にノミネート。史上初の快挙となる第73回全米監督協会賞と第35回全米撮影監督協会賞の同年同時受賞を果たし、さらにアカデミー賞の前哨戦のひとつとして知られる第92回ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞のTOP5ドキュメンタリーにも選出された。

 栽培は行われず、どのように、なぜそこに育つのか解明されていない<白トリュフ>。危険のつきまとう森の奥深く、老人たちは犬と共に、まるで宝探しを愉しむように、何世代にも伝わる伝統的な方法で<白トリュフ>を探し出す。気候変動や森林伐採により供給量が減り、トリュフ探しの極意を誰もが求める中、彼らはトリュフが実る場所を決して明かさない。それは長年連れ添った妻や友人にさえも、絶対に―。

 監督のドウェックは約3年間にわたり彼らの生活に入り込み、信頼関係を得たうえで貴重な撮影に成功。そこには、彼らの大地に寄り添い、時の流れが止まったような、純粋で、美しい暮らしが映し出されている。

 声優の津田健次郎が優しく語り掛けるような声でナレーションを務める予告編は、荘厳な鐘の音と「北イタリア、ピエモンテ州に実在する、森の奥深く。そこに広がっていたのは、誰も見たことのない、秘密の世界」というナレーションと共に、老人たちが犬を連れて森を歩く映像から始まる。

 この森で育つ<白トリュフ>を、まるで宝探しを楽しむように収穫する老人。この世界で最も希少な食材に魅了され、群がる人々。老人たちは「トリュフを見つけた時の喜びは格別なんだ」と語り、「秘密の狩場を教えてもらえませんか?」と頼まれても断る。家族から「もう87歳なのよ。引退したら?」と言われた老人は、「やめられないよ。これが僕の人生なんだ」と断言する。終盤では、彼らの美しい暮らしぶりが映し出されていき、最後はこの白トリュフを使った料理を前に、満足げな表情を浮かべる男性の映像で幕を閉じる。

 予告編のナレーションを務めた津田は、本作について「そこは老人達と犬だけが知っている秘密の森。希少な白トリュフを狩る老人達の静かな生活を淡々と描く御伽噺の様な世界。老人達と犬、その家族の物語は微笑ましく、時に深刻でもある。穏やかな田舎の風景、彩り豊かな深い森が心に沁みる。優しい映画です」とコメントを寄せている。

 日本版ポスターは、森で老人が犬と共に笑顔で過ごす姿をメインに、トリュフをめぐる人々やピエモンテ州の美しい景色を配置したデザイン。老人の横には「トリュフが眠る場所は内緒だよ」というコピーが添えられている。

 映画『白いトリュフの宿る森』は、2022年2月18日より公開。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/12 19:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます