のん、実妹と初コラボ 関西弁での会話が「可愛い」「癒される」と反響

【モデルプレス=2021/11/12】女優ののんが12日、自身のYouTubeチャンネル「のんやろが!ちゃんねる」を更新。実の妹がYouTubeに初登場した。

◆のん、実妹と初コラボ

兵庫県出身ののんは、関西弁が話せることを証明するために、同い年の従姉妹と妹に電話をすることに。15歳で上京したのんは、兵庫に住んでいた時間のほうが長いことから「まだ忘れてないって!」「みー(妹)と話す時は喋れとるやろ?」と主張。

妹は、のんのやや怪しい関西弁について「最初は標準語で、時間が経つにつれ関西弁に戻っていく」というものの、「今は喋れとるな」と話すうちに関西弁に直ってきていると話した。

2人と話した結果、のんは関西弁を忘れているとし、「今日やっと思い出した」「ちょっと喋れとる、と言わせた感はありましたけど、喋ってましたよね?」と関西弁リベンジの成功をアピールしていた。

「姉妹の会話貴重~!」「関西弁で喋ってるの可愛い」「妹さんも美人なんだろうなぁ」「関西弁トークが新鮮」「癒される~」など反響が寄せられていた。

◆メディアを越境する超実験的プロジェクト「越境放送」

のんは、宮川大輔、みちょぱ、平成ノブシコブシ・吉村崇とともに、YouTubeからテレビ番組、屋外ビジョンなど他メディアへの電波ジャックを仕掛ける超実験放送プロジェクト「越境放送」に参加中。さまざまな垣根を越境して4人の芸能人が連携していく。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/12 19:34
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます