森三中・黒沢かずこ「第7世代にはできないポジション」に興奮 大御所2人に自身と椿鬼奴重ねる

拡大画像を見る

2015年より50代以上の女性たちをビューティーの分野で支えてきたPRIOR。同日から大人の女性の素敵な毎日を応援する「大人チャーミングな、ひと。」プロジェクトを始動させたが、その発表会でPRIORミューズの宮本信子と原田美枝子に続いて紹介された黒沢かずこ。緊張か興奮か言葉を詰まらせながら黒沢は「芸能界に入って良かったなと思う。まさか人生でこんなお二方の次に呼んでいただける機会があるなんて、びっくりして」と嬉しそうで、「大人になってくるのがすごく怖かった時代もあったんですけど、これだと大人になって良かったなと。(お笑い)第7世代にはできないポジションだなと思いました」と40代の自分を喜んだ。

黒沢は宮本と原田の存在に「パッと明るくなってすごい」と感嘆し、大島美幸も「オーラがすごい。凛としていらっしゃる」と感心してから2人で「肌がめっちゃきれい」「透明感がすごい」と絶賛した。宮本と原田が本番前に会話を弾ませていたそうで、黒沢は「大先輩なのに失礼ですけど、めっちゃ可愛いなと思って。私も将来(椿)鬼奴とワクワク話しできたらいいな」と思わず憧れたという。

その美肌の秘訣について宮本信子は「肌を清潔に。そして日焼けに気をつけるとか基本的なこと。食べ物、ストレスとか全部肌に出てくると思う。できるだけ楽しく生きて。肌は正直ですもの、全部出てきます」と語り、原田美枝子は「よく寝ること。乗馬をやっているんですけど、汗をかくのもいいですね。そういうときは頭をからっぽにして」と身体面に触れた。また原田は「小さいことでもいいから自分が楽しいことを見つけて楽しい気持ちになる。そういうふうにしておくと自然に笑顔になるのかな。楽しいことを見つけていくようにはしています」と内面を気遣っているという。

大人の女性が描くチャーミングな女性像について調査では「笑顔が素敵な人」「年相応の可愛らしさがある人」「健康的ではつらつとした人」「どんなことでも楽しんで取り組む人」「何事にも前向きな人」が挙げられたという。森三中も該当しているのではないかと話を振られた黒沢は「私は『明るく見えて心に闇を抱えてそうな芸人』で太田光さんと東野幸治さんを抑えて1位になっているんです」とまさかの告白。これに大島が「ハハハ。まいったな」と反応し、黒沢は「闇を無くして明るいふうにしていきます」と決意表明した。

また発表会後半にはTikTokerのゆうにゃんさんが両手のピースサインをクロスさせる「大人チャーミングピースポーズ」を考案して披露、全員で実演することに。ここでも黒沢は「私の中で『チャーミング~』と言えばエド(・はるみ)さんが出てきちゃいますけどね」と言い出し、さらに即興でポーズを求められると、紫外線を避けるように手のひらを頭上にかざすポーズを自作して「あら紫外線」と言いながら実演、黒沢ワールドを展開してみせた。

宮本信子と原田美枝子の両名と「同じ空気を吸っただけでも財産」と感激しきりの黒沢だったが、そんな黒沢と大島について宮本は「今のままで年を重ねていっていただけたらいいかしら」、原田は「明るくて元気で周りをパッと明るくする」と印象を述べてエールを送った。

「大人チャーミングな、ひと。」プロジェクト特設サイトでは、今後も一つ一つ年を重ねるごとにより豊かで楽しい毎日を送れるように、大人の女性の素敵な毎日を応援するコンテンツを提供していく。
(TechinsightJapan編集部 取材・文:関原りあん)

関連リンク

  • 11/12 18:50
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます