エフフォーリアが世界ランク9位タイに、首位はBCクラシック制した米のニックスゴー

拡大画像を見る

 IFHA(国際競馬統括機関連盟)から「ロンジンワールドベストレースホースランキング」が発表された。

 今回の発表は2021年1月1日から11月7日までに実施された世界の主要レースが対象で、新たに、米ブリーダーズカップ(以下BC)の諸競走、天皇賞秋(GI)、クイーンエリザベス2世S(英G1)、チャンピオンS(英G1)などが加わった。

 ランキング首位はBCクラシック(米G1)を勝ったニックスゴーで、レーティングは128。メディーナスピリット、エッセンシャルクオリティらに完勝し、前回の第6位タイから一気にトップに立った。

 2位タイ(127)はアダイヤー、ミシュリフ、セントマークスバシリカ。5位タイ(125)はパレスピアとトルカータータッソ。それぞれレーティングは変わらず、前回から1つずつ順位を下げた。

 7位タイ(124)はバーイードとネイチャーストリップ。クイーンエリザベス2世Sを勝ったバーイードが、前回の15位タイから順位を上げた。

 9位タイ(123)はエフフォーリア、ハリケーンレーン、ライフイズグッド、メディーナスピリット、シリウェイ。天皇賞秋を勝ったエフフォーリア、BCダートマイル(米G1)を勝ったライフイズグッドが前回の21位タイから順位を上げたほか、チャンピオンSを勝ったシリウェイが新たにランクインした。

 日本調教馬はエフフォーリアのほか5頭が掲載。天皇賞秋2着のコントレイルが新たにランクインし、グランアレグリアと並んで22位タイ(121)に。クロノジェネシス、グローリーヴェイズ、シャフリヤールが29位タイ(120)となっている。

関連リンク

  • 11/12 16:35
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます