「バカリズム出てきたけど出方最高だったなw」福原遥主演『アンラッキーガール!』第6話

拡大画像を見る

福原遥が主演を務める連続ドラマ『アンラッキーガール!』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜よる11:59〜)の第6話が11月11日に放送された。幸(福原遥)、香(若月佑美)、樹(高梨臨)の世界一不運な3人が、365日トラブル連発で大暴れしながらも幸運を探し求めるコメディ。今回、ナレーションを務めるバカリズムが幸の兄だと判明した。Twitterでは、「まさかナレーションが幸の兄だったとは」「バカリズム出てきたけど出方最高だったなw」「お兄ちゃんは、ずっと幸ちゃんのこと見守っていたんだなぁ」などの声が相次いだ。

悪夢を見て目覚めた幸は、不安な気持ちを香と樹に話す。悪夢に元婚約者の秀忠(橋本良亮)が出てきたと明かすと、指宿(生瀬勝久)は幸たちに「予知夢かもしれない」と告げる。後日、幸は本当に秀忠と再会するのだ。

秀忠は、資産家の御曹司で貿易会社に勤めており、フランス支社から一時帰国していた。さらに「一緒にフランスへ来てほしい」と再びプロポーズされる。幸は動揺し、すぐに返事をすることができなかった。そんな幸を見守る香と樹は、なぜ幸が喜んでいないのか不思議でならない。樹は「やっと巡ってきた幸運をしっかり掴むように」と背中を押すが……。

Twitterでは、「バカリズムはお兄さん役だったのか!」「まさかナレーションが幸の兄だったとは」「お兄ちゃんwまさかすぎて笑ったww それで繋がるのねww」「バカリズム出てきたけど出方最高だったなw」「秀忠さんと会った時の幸ちゃん、幸せそうな顔してるのになぁ~」「秀忠さん、王子様って感じ!」「半端なく重なる不運が、面白くも悲しい」「幸って、辛い過去があって幸せから逃げてたんだな」「香の婚約者に嫉妬してる卓海(板垣瑞生)くんかわいすぎ!」「最後の夢のシーンよかったなぁ」「お兄ちゃんは、ずっと幸ちゃんのこと見守っていたんだなぁ」「幸ちゃんが呪縛から抜け出せてよかった」「ますます大凶日が気になる」などのコメントが多く上がった。

樹は、幸の父・重流(丸山智己)と会い、幸と秀忠の婚約にまつわる3年前の衝撃の出来事を聞かされる。幸は、自分のラッキーによって兄が死んだと思い、それ以降ずっと幸運になることを恐れていたのだ。しかし、最後にはそんな幸の迷いは消え、香、樹と再びラッキーガールを目指し奮闘することに。晴れやかな表情の幸に、今後の幸運を期待したい!

【文:齋藤めぐみ】

関連リンク

  • 11/12 17:57
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます