【競馬予想】エリザベス女王杯は3連続的中を目指す「ウマ娘馬券」にお任せあれ! 本命に据えるはレイパパレ!!

拡大画像を見る

競馬ファンにとってたまらないシーズンがやってきた。何しろ今週末から年末までの日曜日は全部G1。暮れの有馬記念……いや、何なら12月28日のホープフルSまで目が離せない!

まずはG1連チャン第一弾として、2021年11月14日にエリザベス女王杯が阪神競馬場で行われる。今年は京都競馬場じゃないのが予想ポイントに入ってきそうだが、注目は秋華賞を勝ったアカイトリノムスメが参戦してきたこと……ではなくレイパパレ!!

・連勝中のウマ娘血統

理由は他でもない。ウマ娘の血を引く競走馬を組み合わせる「ウマ娘馬券」の核となる存在だから。へいへい、そんなので当たるほど競馬は甘くないっしょ〜と思うかもだが……ところがどっこい!

今年のG1でウマ娘の子孫たちは馬券に絡みまくる大活躍! しかもしかも、菊花賞をズバリ的中しただけでなく……!!

続けて天皇賞(秋)とここ2戦で連続的中と波に乗っているから今週末もあやかりたい。当たり警報発令中で、もちろん目指すは3連勝だ!!

・ウマ娘血統の競走馬たち

さて、さっそくウマ娘馬券を紐解いていきたいが、中心にいるのは先に書いたようにレイパパレ。大阪杯を勝って挑んだ宝塚記念(3着)で無敗伝説が終わったものの、コントレイルを破った事実は何よりも大きい。しかも、継いでいるウマ娘の血は1頭だけでなく……

ウイニングチケットと……

マルゼンスキーの2頭出し

元から本命といえばそうだが、秋初戦となったオールカマーで4着と結果を残せなかったことで人気を少しでも落とすようなら正直ジュルリ。オールカマーをステップレースと考えたら特に悲観する必要もないし、何より鞍上はルメール騎手。大丈夫、信じる!

そしてレイパパレと同じくらい推したいのがウインマリリンだ。オールカマーを勝ってから本番に挑む形なのだが、血統表を見てみると……

父方にグラスワンダーの血が入っているウマ娘血統。それに加えて、鞍上が長くコンビを組んでいる上に絶好調の横山武史騎手と鬼に金棒状態だから好走に期待が持てる。この秋、流れは止まらないような予感がする。

ちなみにウマ娘血統は他にもいて、またまたオールカマー組のウインキートス(2着)もそう。父がなんと……

ゴールドシップだから……

メジロマックイーンの血も入っていることになる。んでもってクラヴェル、イズジョーノキセキ、ムジカはエピファネイア産駒。つまりは……

スペシャルウィークとマルゼンスキーが先祖にいることになるから頭に入れておきたい。あとはリュヌルージュがいて……

母父メジロマックイーン。最後にステラリアがモンジュー(ブロワイエ)の血を引いており、エリザベス女王杯は合計8頭のウマ娘の子孫が走る。

・リピーター多し

ただ、これを全部買うとなると天皇賞(秋)の時みたく的中しつつひっそりガミってしまうから絞りつつ予想していきたい。個人的にはレイパパレとウインマリリンの2頭を軸。そこからエリザベス女王杯はとにかくリピーターの多いレースだということに注目する。

そう、ラッキーライラックにクロコスミア、ラヴズオンリーユー、さらにはミッキークイーン、モズカッチャン、ヌーヴォレコルトなどなど、リピーターは挙げればキリがないのだ。

今年はウインマリリン(4着)、ソフトフルート(6着)、リュヌルージュ(12着)と昨年出走した3頭がいるから、たとえ人気はないとしても買っておきたい。なお、ソフトフルートは2020年の秋華賞で3着の実績があり、人気薄になるとしたら美味しそうな1頭でもある。

問題はアカイトリノムスメをどうするか。イイ配当を狙いたい私は思い切って外す……と考えたけど保険としてやっぱり馬券に組み込むかなぁ。まずは当てることが大事! それではよい週末を!!

執筆・予想:原田たかし
Photo:© 2021 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会、(C) Cygames, Inc.
ScreenShot:ウマ娘 プリティーダービー(iOS)、JRA IPAT

関連リンク

  • 11/12 15:00
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます