嵐・相葉雅紀主演ドラマ『和田家の男たち』、主題歌は豪華過ぎでも…“数字”は苦戦中

 10月から放送が始まっている嵐・相葉雅紀主演の金曜ナイトドラマ『和田家の男たち』(テレビ朝日系)。この主題歌「Watching Over You」が11月3日の0時に配信リリースされ、曲を歌う謎のユニット「Peach&Apricot」の正体が、シンガーソングライターの竹内まりやと杏里であることが解禁された。

 『和田家の男たち』は、相葉演じる息子で主人公の優、佐々木蔵之介演じる父、段田安則演じる祖父の3世代がそれぞれ異なるメディアに携わっている“マスコミ一家”の和田家を舞台に、男だらけの家族が織り成すホームドラマ。

 竹内と杏里は1978年デビューの同期で、ユニットを組むのは初めて。かねてより二人で何か面白いことをやりたいと話し合っていたそうで、ユニット名は、竹内の代表曲「不思議なピーチパイ」と杏里の1stアルバムのタイトル『Apricot Jam』から取ったという。

 相葉は、「まりやさんと杏里さんのお二人の声を一緒に聴くことができる贅沢さは、本当にオンリーワンですね! コーヒー好きな僕のために、歌詞に『カフェ・ラテ』と入れてくれて、うれしかったです」などとコメントを寄せている。

「初回の放送から話題になっており、竹内と杏里であることは概ね気づかれていたものの、相葉の主演ドラマのためにまさかの超豪華ユニットが結成されたことになった。制作費から2人にはかなりの割合のギャラが捻出されていると思われる。もともと竹内が夫・山下達郎とともにジャニーズとの関係が深かったこそ実現した」(レコード会社関係者)

 相葉といえば、9月末、櫻井翔と同日に結婚していたことを発表した。結婚後初の主演ドラマとなっただけに、超豪華ユニットの主題歌はまるで“ご祝儀”となったが、視聴率が伸び悩んでいるという。

「第1話の世帯平均視聴率は6.3%と深夜帯としてはいい滑り出しでしたが、第2話で5.2%、第3話は5.4%。もともと相葉は数字を持っているほうではないが、それでも国民的アイドルの主演作としては毎回6%以上は欲しいところ。第3話では、小池栄子演じる主人公の母親の死の真相がようやく明らかになったこともあり、第4話以降、何か劇的な展開があればどんどん数字が伸びることも期待されるが……」(芸能記者)

 劇中では相葉演じる主人公・優が作って毎回食卓に並ぶおいしそうなご飯の数々も見どころ。第1話の放送日から、Instagramで「優クンの台所」なるアカウントが開設され、ドラマの中で優がふるまうメニューの数々が投稿されているが、こちらはあまり視聴率アップに貢献していないようだ。『和田家の男たち』はこのまま5%台で推移していくのか、それとも……。

  • 11/12 11:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます