救急車で、急病で倒れた男性を心配する『家族』の姿にホロリ 「これぞ真の愛」

拡大画像を見る

ブラジルで緊急電話に通報があり、救急車が現場に駆け付けました。

そこには男性が倒れていて、なんらかの発作を起こして苦しんでいたのです。

救急隊員たちは、すぐに男性を救急車に乗せます。すると、2匹の犬が男性に続いて救急車に乗り込んできました。

ウェブメディア『The Dodo』によると、犬たちは男性のそばから離れようとしなかったのだそう。

救急隊員は、「この犬たちをその場に置いていったら、きっと飼い主が乗った救急車を追いかけてくるだろう」と思い、2匹を一緒に病院へ連れて行くことにしました。

Posted by Patrícia Iolanda on Monday, November 1, 2021
Posted by Patrícia Iolanda on Monday, November 1, 2021

救急医療チームのスーパーバイザーであるパトリシア・イオランダさんは、仲間の思いやりある判断に感動。

「これが愛でなかったら…何が愛なのか、分かりません」と、飼い主に寄り添う犬たちの写真を投稿すると、多くのコメントが寄せられました。

・これぞ、見返りを求めない真の愛だよね。

・素晴らしい判断!称賛するよ。

・犬たちを連れて行ってくれてありがとう。

Posted by Patrícia Iolanda on Monday, November 1, 2021

飼い主の男性は入院し、犬たちは病院の前で一晩中、待っていたのだとか。

そして翌日、男性は退院し、2匹と一緒に帰って行ったということです。

犬の散歩中に飼い主が倒れ、その場に置き去りにされた犬が、飼い主が乗った救急車を走って追いかける、ということはあるようです。

しかし、そのような場合、交通量の多い道路だったら、犬がほかの車に轢かれてしまう恐れもあるでしょう。

そして何より、飼い主も犬もお互いに離ればなれになりたくないはずです。

飼い主を心配する犬たちを男性から引き離さなかった、救急隊員の優しさに拍手を送りたいですね。

[文・構成/grape編集部]

出典 Patrícia IolandaThe Dodo

関連リンク

  • 11/12 15:59
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます