劇場版『きのう何食べた?』ドラマでも好評だった“自撮りオープニング”映像解禁

劇場版『きのう何食べた?』から、ドラマ時にも大好評だったオープニング映像が一部解禁された。




累計発行部数840万部(電子版含む)突破のよしながふみによる人気漫画を、西島秀俊・内野聖陽のダブル主演でドラマ化した『きのう何食べた?』。2019年4月クールにテレビ東京系列にて放送されるや、Twitterの世界トレンド1位となり、さらに見逃し配信の再生数が全12話100万回再生を超えて、歴代最高記録を次々と更新。そんな『きのう何食べた?』がファン待望の映画化。


料理上手で几帳面・倹約家の弁護士・筧史朗(通称・シロさん)役の西島秀俊、その恋人で人当たりの良い美容師・矢吹賢二(通称・ケンジ)役の内野聖陽をはじめとし、小日向大策役の山本耕史、小日向の恋人・ジルベールこと井上航役の磯村勇斗など、個性豊かな人気キャラクターたちが全員総出演。さらに、監督・中江和仁(『嘘を愛する女』)と脚本・安達奈緒子(『劇場版コードブルー』)のタッグも続投。≪チーム何食べ≫が再集結するほか、劇場版からの新キャストとして、SixTONESの松村北斗がケンジと同じ美容室に勤めるイケメン美容師・田渕として出演。さらに、主題歌はスピッツの書き下ろし楽曲『大好物』だと発表されるや、「何食べの世界観にぴったり」「予告を見ただけで涙腺崩壊」という声が続出し、大きな話題を呼んだ。


そんな本作が、今月3日に公開初日を迎え、11月11日までの9日間で、観客動員数42万人、興行収入5.6億円を超える大ヒットを記録。初日アンケートによると、満足度は驚異の99.3%。また、92.2%が本作品を「人にすすめる」と答えており、SNSでも「笑いあり、涙ありで幸せな2時間でした」「シロさんとケンジのお互いを想う気持ちに、心があたたかくなりました」「絶対におかわり(リピートで映画館に行く)します!!」といった声が続出。さらに、Filmarksの初日満足度ランキングでも堂々の1位を獲得し、ドラマ版から変わらないほろ苦くも心あたたまる物語が、日本中を感動の渦で包み込んでいる。


そしてこの度、早くも5.6億円を突破した本作の大ヒットを記念してドラマ時にも大好評だった自撮りオープニング映像が一部解禁された。『きのう何食べた?』のドラマオープニングといえば、OAUによる『帰り道』をBGMに、ケンジが料理中のシロさんをスマホで撮影しながら、二人で食卓について「いただきます」と手を合わせるまでを収めた映像。料理中だと嫌がるような素振りを見せつつもどこか楽しそうなシロさんと、恋人ならではの距離感をキープしたままはしゃぐケンジという、二人の仲の良さが画面越しにも伝わってきて、「見ているだけで幸せになれる」とファンから大好評を得た。


そんな【スマホの自撮りオープニング】は、なんと劇場版にも登場。映像はドラマと変わらず、OAUの『帰り道』が流れる中、旅館の豪勢な料理を前にお揃いの浴衣姿でお酌し合ったりと仲良さそうな二人の姿からスタート。その後も、京都ならではの食べ歩きを満喫するおちゃめな姿がシロさんとケンジ目線で撮影されており、見ているだけで癒されること間違いなしの至福の映像となっている。また、今回の映像は画角もスマホサイズに合わせており、まさに二人の自撮り映像が自分の手元にあるように感じられる仕様になっているので、スマートフォンで見ると、より楽しめるかも…。劇場版のオープニングは、ドラマ版よりも長く、今回ちょい見せする映像にも続きがあるので、続きは、是非劇場でチェックしよう。


■劇場版『きのう何食べた?』

大ヒット公開中
出演:西島秀俊、内野聖陽、山本耕史、磯村勇斗、マキタスポーツ、松村北斗(SixTONES)
田中美佐子(友情出演)、田山涼成、梶芽衣子
原作:よしながふみ『きのう何食べた?』(講談社「モーニング」連載中)
主題歌:スピッツ『大好物』(ユニバーサルJ/ユニバーサル ミュージック)
配給:東宝

©2021劇場版「きのう何食べた?」製作委員会 ©よしながふみ/講談社


関連リンク

  • 11/12 12:26
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます