菅田将暉主演『CUBE』オフショット公開、過酷な現場の裏にあった”和やかさ”

拡大画像を見る

1997年に公開された映画『CUBE』の初の公認リメイク『CUBE 一度入ったら、最後』が10月22日(金)から絶賛公開中。そんな本作からこのたび、本編では見ることのできないオフショット写真が公開された。




密室スリラーの先駆けとして、世界中でカルト的人気を誇る映画『CUBE』。日本版『CUBE 一度入ったら、最後』は1997年にオリジナル版を作り上げたナタリ監督が、初めて公認したリメイク作品。主演の菅田将暉をはじめ、杏、岡田将生、田代輝、斎藤工、吉田鋼太郎と日本屈指の名優たちが勢揃い。謎の立方体「CUBE」を舞台に、全世界を巻き込む2021年一番”ヤバい”劇薬系密室エンタテインメントとなっている。


この度公開されたオフショット写真は、本編では見ることのできないレインボーに輝く「CUBE」の中で、この日13歳の誕生日を迎えた田代輝を笑顔で祝福する菅田、杏、岡田、斎藤、吉田、清水監督の7人が映し出された集合写真。サプライズでメンバーからのプレゼントと、特別な「CUBE」の照明でお祝いをされた田代も「人生で一番、最高の誕生日になりました!」と当時の嬉しさを振り返っており、「CUBE」に閉じ込められ極限状態だった6人とは思えないほどの笑顔が伺える。


ちなみに、この「CUBE」の照明演出は、『NHK紅白歌合戦』などの演出も手がける中嶋達也が担当。実は本作で初めて映画の照明演出を手掛けたとのことだが、ワンシチュエーションで展開される本作の不穏な雰囲気を存分に演出し、見事に「CUBE」の世界観を作り上げ、主演の菅田も「もう一人の登場人物みたい」と表現していた。


映画の中では、閉塞された「CUBE」内で次々と殺人トラップに襲われ、極限状態のなかで少しずつ本性を現していく6人。撮影中も「CUBE」のセット内に閉じ込められ緊張感が張り詰める過酷な現場となっていたが、そんな撮影の裏側では、それぞれがみんなで楽しめるアイテムなどを控室に持ち寄り、とっても和気あいあいとした楽しい時間が流れていた。


杏が持参したのはフィットネスゲーム。全員で得点を競い合うなか、ゲームを得意とする田代がダントツのトップかと思いきや、岡田がどんどん追い上げていくという白熱した展開で盛り上がった。さらに田代が持ち込んだ中学校の宿題を、以前、教師役を演じていた岡田が優しく教えていたという心温まるエピソードも。他にも菅田がパズルゲーム、斎藤が⾜つぼマットなどのグッズを持参し現場を明るく盛り上げるなか、吉田が控室に連れてきたのは、なんと生まれたばかりの8匹の仔犬たち。劇中では緊張感あるシリアスな芝居をする6人が、実は撮影裏では可愛い仔犬たちと戯れていたのだ。映画の内容からは想像もつかない、楽しく和やかな雰囲気の現場で本作は撮影されていった。


この和やかな舞台裏の様子を斎藤工が撮影したメイキング動画が、11月5日(金)より一部劇場で本作上映後に、スクリーンに映し出される指定のQRコードを読み取ると視聴可能となっている。映画を観た後に少しでも心を和ませたい方は必見の映像。清水監督も「現場が楽しいと、作品もよくなる」と語るように、それぞれの工夫で楽しい雰囲気を作った仲良し6人が演じるキャラクター達の、”ぶつかり合い”や“感情の変化”などが本作の魅力の1つにもなっている。チームワーク抜群のメンバーで作り上げられた本作を、ぜひ映画館で観てみては。



■映画『CUBE ⼀度⼊ったら、最後』
大ヒット上映中
【出演】:菅田将暉、杏、岡田将⽣、柄本時生、田代輝、山時聡真、斎藤工、吉田鋼太郎
配 給:松竹株式会社
(C)2021「CUBE」製作委員会

関連リンク

  • 11/12 12:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます