渋谷凪咲、荒ぶりまくるシャウトに「いまのウッソやろ!?」

 こんな渋谷凪咲、見たことない!? その荒ぶる姿に多くの視聴者が度肝を抜かれていたようだ。

 11月11日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)には、2021年に生活が激変したという芸能人らが出演。中盤では共に大阪在住のNMB48渋谷と、ギャルモデルのゆうちゃみに注目が集まった。

 今やバラエティ番組に出ずっぱりの渋谷は今年の番組出演本数が114本(11月1日時点)、同様に人気急上昇中のゆうちゃみは96本にも及ぶという。仕事のたびに大阪から東京に来るというゆうちゃみは、月に25日はホテル暮らしだと告白。ぼっちで寂しいうえ、部屋もキャパい(キャパオーバーで狭い)ことから、「上京したいなって」と語っていた。

「ここでMCのダウンタウン浜田雅功が『渋谷はどうなの?』と水を向けると、渋谷は突然『サイコゥサイコゥサイコゥ!』と荒ぶりながらシャウト。これにはダウンタウンをはじめスタジオ出演者が拍手喝采で大笑いしていました。このシャウトは二人の前にトークしていた空気階段の水川かたまりが、今年流行らせたい使い勝手のいいギャグとして披露したもの。その流れに上手く乗ったこともバラエティタレントしてはナイスですし、何より視聴者を驚かせたのはその野太すぎる声質だったのです」(テレビ誌ライター)

 普段の渋谷は舌っ足らずな声質と、ゆっくりとしゃべるホンワカした話しぶりが特徴。それがこの「サイコゥサイコゥサイコゥ!」では女性メタルバンドのボーカリストさながらに音圧が強く、音程も低めでキレのあるシャウトを聴かせてくれたのである。


 そんな渋谷のシャウトに視聴者からは<いまのウッソやろ!?><かっこよすぎて惚れた><天然通り越して天才>などと驚きと絶賛の声が続出。ただ一方で、そんな声が出せるなら、普段の甘ったるい声は作り声ではないかとの疑問も浮上しているという。

「渋谷のように話し声は甘ったるい声でも、歌ったり叫んだりすると野太い声が出せるというケースは珍しくありません。よく知られる例では元私立恵比寿中学の廣田あいかが“ギャップボイス”の持ち主。普段は舌っ足らずな話し方で《声が変》と言われがちなのに、歌う時は朗々とした低めのトーンだったものです。渋谷もNMB48のライブでは後輩へのあいさつ指導で野太い声を出したりしていますが、バラエティ番組では珍しい光景だったので、視聴者を驚かせる形となりました」(アイドル誌ライター)

 意表を突く野太いシャウトで自らを印象付けた渋谷。その声もタイミングも「サイコゥサイコゥサイコゥ!」だったことは間違いなさそうだ。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/12 11:40
  • asageiMUSE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます