キンプリ永瀬廉、タイトル回収の『おかえりモネ』は「一生の財産」!坂口健太郎との「世界最高のメールやりとり」も告白!!

拡大画像を見る

 King&Prince(キンプリ)の永瀬廉(22)が11月11日放送のラジオ番組『King&Prince 永瀬廉のRadioGARDEN』(文化放送)で、10月29日に最終回を迎えたNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』について語り、ファンを歓喜させている。

 清原果耶(19)演じるヒロイン・百音が、震災以来開けることができなかったサックスケースを幼馴染に見守られながら開くシーンからスタートした最終回。

「やっと開けられた」とつぶやく百音に蒔田彩珠(19)演じる妹・未知が「おかえり」と声をかけ、永瀬演じる“りょーちん”こと漁師の亮が「おかえり、モネ」と微笑み、ドラマのタイトルを回収した。

 永瀬はドラマについて、「演じててもそうですし、長く向き合ったからっていうのもあるかもしれないですけど、非常に大きな財産になったなって」と振り返り、「そういえば坂口健太郎くんからもメールが来たのよ。“りょーちん! 先週と今週めっちゃいいね!”っていうのが。わざわざメールくださって」と、共演していた坂口健太郎(30)から演技を絶賛するメールが届いたと告白。

 さらに「タイトル回収のほうもね、台本読んだときちょっと嬉しかったもんね。『亮:おかえりモネ』って書いてあったから(笑)。“俺が言えるんやぁ”っていう」と当時の心境を明かし、「完パケもらってさすがにリピートしたもんね、何回か。だってタイトル言わせてもらえるって相当すごいことやなって思ったから」「おじいちゃん、おばあちゃん孝行できたかなって思いますね」と永瀬らしい言葉で振り返った。

 また、一番思い出に残っているシーンについて問われると「健太郎くんとのシーンはすごい残ってるかな」とやはり、坂口とのシーンが印象的だったとコメント。

 24週目で、あまり面識のない状態で坂口演じる菅沼に対し、「亮があそこまで気持ちを吐き出せるのもすごいなって思うし、“この人になら”ってやっぱ思うし、言ってくれる言葉に後押しもされてるから」と語った。

 さらに「手を振るシーンもありましたね、モネにね。健太郎くんと。そういうところも含めてあそこが一番印象に残ってるかなぁ」と坂口との共演シーンが印象的だったとあらためて感慨深げに振り返った。

■「坂口健太郎くんと永瀬廉がメールしている世界最高すぎません?」

 永瀬の言葉にファンからは「廉にとって一生の財産になった作品を見ることが出来たのが本当嬉しい」「朝ドラでの活躍をおじいちゃんおばあちゃん孝行って! そういうとこが好きを強くする」といったコメントが寄せられている。

 また、「坂口健太郎くんと永瀬廉がメールしている世界最高すぎません? これから坂口健太郎くん見る度にれぇんとメールしてるんだあって最高な気持ちになりますね!!!」「永瀬とサカケンがやり取りしてるとか、なんか胸いっぱいなんじゃけどね~!!(れんれん、サカケンとのやり取り教えてくれてありがとね)」といった声も上がっている。

「朝ドラのタイトル回収という重要な役割を見事にやり遂げ、さらにドラマや映画に引っ張りだこの坂口さんからの演技を絶賛されているわけです。今後、永瀬さんは俳優としてさらなる成長を遂げるのではないでしょうか。そして、永瀬さんが所属するキンプリも、いよいよ国民的グループになっていきそうですね」(女性誌ライター)

 永瀬は来年1月8日スタートのドラマ『わげもん~長崎通訳異聞~』(NHK総合)で主演を務めることも明らかになっている。俳優としての存在感はますます高まっている。

関連リンク

  • 11/12 11:36
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます