神戸、FWドウグラスの負傷を発表…治療のためブラジルに一時帰国

拡大画像を見る

 ヴィッセル神戸は12日、FWドウグラスの負傷と帰国を発表した。

 ドウグラスは11月3日にノエビアスタジアム神戸で行われた明治安田生命J1リーグ第34節のベガルタ仙台戦で負傷。神戸市内の病院にて検査を行った結果、左長内転筋肉離れと診断され、全治は受傷日より6週間の見込みとなった。なお、治療のためブラジルに一時帰国することも発表されている。

 現在33歳のドウグラスは今シーズンの明治安田生命J1リーグで21試合に出場し、7ゴールを記録していた。一時帰国することとなった同選手は以下のようにコメントを発表している。

「怪我の回復に長期間必要で治療のためにブラジルに行きます。今シーズンはもうプレーできなくなりました。僕は仲間たちを信じ応援しています。必ずACL出場権を勝ち取り、今年の目標を達成するでしょう。今シーズンのご支援ご声援心から感謝致します。ありがとうございました」

関連リンク

  • 11/12 11:36
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます