辻元清美氏、議員辞職時に1カ月半寂庵へ「この時なければ心折れていた」寂聴さん悼む

拡大画像を見る

 元衆議院議員の辻元清美氏が11日、ツイッターを更新。この日、訃報が伝えられた作家で尼僧の瀬戸内寂聴さんについて、自身が辛かった時期に寂庵に招いてくれた思い出をつづり「どうぞ安らかにお休み下さい」と天国の寂聴さんに呼びかけた。

 辻元氏は02年に秘書給与流用問題で議員辞職を余儀なくされた時に寂聴さんから「寂庵においで」と招いてくれたという。

 「約1カ月庭掃除をしながら自分の心と向き合うよう諭して下さった。この時の対話がなければ、私の心は折れていました」と振り返り、「いま、あらためて寂聴さんの言葉をかみしめています」と当時の寂聴さんの優しさに感謝。

 最後に「どうぞ安らかにお休み下さい」と天国の恩人に呼びかけていた。

関連リンク

  • 11/12 11:25
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます