加護亜依『アウトデラックス』で「人生のピークは12歳」激白!マツコもドン引き「端折られた」放送不可能「黒歴史」!!

拡大画像を見る

 タレントの加護亜依(33)が11月11日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に登場した。

 番組では、かつてモーニング娘。やミニモニ。のメンバーとして一世を風靡した加護の人生を振り返る企画が用意されていたが、ここで加護から衝撃的な発言が次々と飛び出したのだ。

「12歳で加護が『ASAYAN』(テレビ東京系)のオーディションに合格して、モー娘。に加入するところから振り返られたのですが、彼女はいきなり“人生のピークが12歳だったの。私の人生は12歳がピークだったので、人生の運を使い切っちゃった”とぶっちゃけます。

 さらに、南海キャンディーズの山里亮太(44)から、“自分でもすごいお金を生み出してるって感じてた?”と、中学生ながら高額納税者入りをしていた当時の思いを聞かれました。これに加護は“全然感じてなくて、だから(タバコを)吸っちゃったんだと思うんですよ”とし、“自分がすごい場所に入ったってことはわかってるんだけれど、自分が“加護ちゃん”っていうキャラクターに気付けなかったんですよね”“コンビニの菓子パンで満足する私なのにっていう価値観”と、当時の心境を率直に語りました」(テレビ誌ライター)

 この日の加護は止まらなかった。

「2006年2月発売の『FRIDAY』(講談社)で、当時18歳の加護が喫煙していたことが報じられ、彼女は謹慎処分となりました。これについても、今回番組では触れられ、加護は“ハスキーな声に憧れてて、タバコ吸ったら喉に悪いよってことで吸い始めたのがきっかけ。そしたらすごく好きになっちゃって”と語りました」(前同)

■ママタレにも「物申した」加護だったが…

 加護は、自身の“アウトな人生”だけでなく、芸能界で活躍するママタレに物申すような場面もあった。彼女は「ママタレントさんは素晴らしい。自分がママとして尊敬する部分はたくさんある。私は歌手になりたくて芸能界に入ったので、私はそれが仕事だと思ってるんです。ママタレに変更する人は子どもが仕事になる。それって芸じゃなくないかなっていう疑問が……」と、言い放っていた。

「もう加護には何もNGがないのでは、と感じさせられるような発言が次々と飛び出していました。ただ、番組が用意した年表で“2011年 23歳 結婚・妊娠 翌年第一子(長女)を出産”という項目に差し掛かったのですが、ここだけはさすがに詳しくは触れられていなかったですね」(前出のテレビ誌ライター)

 20代前半の内容が詳しく触れられなかったことについて加護は、「いろいろあったんですけど、端折っていただいてありがとうございます」「ウィキペディア見てもらったら出てくるんですけど……」と明るくコメントをしていた。

「加護は明るくコメントしたものの、スタジオは一瞬凍りついていましたし、マツコ・デラックス(49)ですら引いている感じで、ナインティナインの矢部浩之(50)も戸惑いの笑みを浮かべていましたね。

 それも仕方ないことでしょうね。2011年9月に、当時交際中だった加護の前夫が知人との間でトラブルを起こし逮捕されました。その直後に、大量の精神安定剤を服用して意識が薄れ、手首には切り傷があった加護が救急搬送されるという自殺未遂騒動がありました。

 もしかしたら、このことを深堀りしても、この日の加護なら赤裸々に語っていた可能性はあるでしょう。ただ、あまりにハード過ぎて、『アウト×デラックス』と言えども、地上波のバラエティ番組では取り上げられる内容ではないでしょう。放送はできない、だから深堀りはNGという判断になったのでしょうね」(芸能記者)

 放送後にはツイッターで、「加護ちゃん」がトレンド入りするほどの大反響があった今回の『アウト×デラックス』。伝説の告白回となったようだ。

関連リンク

  • 11/12 11:26
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます