麻布大学がよみうりランドの協力によりアシカの歯周病原性細菌のDNA検査・解析を実施


麻布大学 生命・環境科学部食品生命科学科の島津德人准教授(食品生理学研究室)の研究グループは、よみうりランド・アシカ館と共同で、アシカの歯周病の研究を展開している。

高齢化が進むヒトの社会では、歯の健康状態と健康寿命の関連が注目されている。最近の研究から、高齢者の歯の残存数が少ないと認知症になりやすいことや、糖尿病や心臓疾患・脳血管疾患と、歯周病との関係性が明らかになってきた。

また、高齢化はヒトだけではなく、動物園で飼育されている動物も同様で、多くの動物で口腔疾患の増加が問題となっている。

ヒトと動物の共生科学に係わるユニークな研究


島津准教授は、口腔疾患の研究経験を活かし、“食”と“口腔”に関わる研究に取り組む中、口腔細菌感染症である歯周病に注目し、ヒトと動物の共生科学に係わるユニークな研究に取り組んでいる。

歯周病に罹患した動物園動物の歯周病原性細菌の由来を明らかにするために、ヒトの歯周病原性細菌のDNA検査を動物園動物にも応用して、人獣共通感染症としての歯周病の実態を調査し、研究を展開している。

交差感染などの実態はまだ不明


同研究では、口の中を観察しやすい動物としてアシカに注目して、よみうりランド・アシカ館の協力によりアシカショーに登場しているカリフォルニアアシカを対象に研究を始めた。

よみうりランドではアシカたちに定期検診をして、腎臓、心臓、肝臓、胃、消化管、膀胱のエコー検査なども実施して健康管理に努めている。

歯周病原性細菌の解析を実施するためには、動物の口腔内から歯肉溝滲出液を採取する必要があるため、十分なハズバンダリートレーニングが行われている動物園の協力が必要。

歯周病原性細菌がヒトとイヌとの間において交差感染を示唆する研究報告があるが、動物園の動物と飼育員との間でも交差感染が生じるのか、その実態はまだ不明。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う対策により大学の研究活動が制限される中、令和2年度〜3年度にかけて、よみうりランドのアシカ7頭のサンプリングを完了し、細菌検査を継続。この検査結果を分析し、歯周病の感染状況を解明していくという。

麻布大学 食品生命科学科 公式サイト:https://www.azabu-food.com/

画像をもっと見る

  • 11/12 11:30
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます