今井絵理子&島袋寛子、「SPEED」25周年で久々の再会「25年たっても私たちはあの頃のまま」

拡大画像を見る

安室奈美恵やMAXなどを輩出した沖縄アクターズスクール出身であるSPEEDは、メンバーの平均年齢が13.5歳、最年少の島袋寛子はデビュー当時小学5年生という年齢も大きな話題を集めた。しかしそれ以上に10代前半とは思えない歌唱力やダンス、思わず口ずさみたくなる楽曲が彼女たちの人気を一気に押し上げ、当時のSPEEDの認知度たるや、彼女たちを知らない人はいないほどだったのではないだろうか。

その後2000年3月に解散し短い活動期間を終えた4人だったが、期間限定の再結成を経て2008年に正式復活。とはいえ2013年以降実質的な活動はないため、彼女たち4人が集まる機会はなかなかないという。

そんななか、現在もアーティスト活動を続けている島袋寛子と、政治家に転身した今井絵理子参議院議員が久しぶりの対面を果たした。今井は11日に自身のInstagramを更新し、島袋と顔を寄せ合うツーショット写真を投稿。アルバム発売を記念し、対談を行ったことを明かしている。

「愛をこめて歌っていただいたアーティストの皆さん、本当にありがとうございます。うれしいです」と感謝を伝えた今井。島袋に対しては「ヒロへ」と題し「25年たっても、わたしたちはあの頃のまま。(肌年齢と体力は違いますが笑)」「会うと、あの頃の気持ちが蘇ってくるね」と、メンバーだからこその絆を感じさせる言葉を送っていた。

一方の島袋も、今井の投稿をリポストするかたちで対談を知らせたほか、「私の知るエリちゃんは、頼もしいお姉さんです」「久しぶりに会えて嬉しかったよ。ありがとう」と今井への感謝の言葉を投稿。「ERIHIRO」活動時の写真を投稿するなど改めて強い絆をアピールし、「青春時代を思い出します」「憧れのお二人」とフォロワーを喜ばせていた。

対談の様子は今井のオンラインサロンにて配信されるそうだが、ファンからは「YouTube配信してほしい」など島袋側からの公開も希望する声も。今回の対談を機に、今後も2人のコラボレーションを期待するファンは多いようだ。

画像は『今井絵理子(公式) 2021年11月11日付Instagram「【SPEED 25th anniversary TRIBUTE ALBUM】」』『島袋寛子 Hiroko Shimabukuro 2021年11月11日付Instagram「メイクさんが送ってくれたー」「えりたん」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)

関連リンク

  • 11/12 11:06
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます