なにわ男子デビューも「天赦日」…受け継がれるジャニーズ事務所の縁起担ぎ

拡大画像を見る

 9月28日に、嵐の櫻井翔と相葉雅紀がダブルで結婚を発表した。この日は「大安」と「一粒万倍日」が重なった日。一粒万倍日は「一粒の籾(もみ)が万倍にも実り、立派な稲穂になる」という意味から、物事を始めるのに良い日とされている。事業を成功させたい起業家、入籍するカップルなどはこの日を選び、新しい財布を下ろすと金運に恵まれるという。

 そんな縁起担ぎを、嵐は常に意識してきた。

「活動休止の記者会見を開いたのは19年1月27日。この日は、一粒万倍日に『天赦日』が重なり、最強の開運日と言われています。その年の6月26日にベストアルバム『5×20 All the BEST!! 1999‐2019』をリリースしていますが、一粒万倍日+天赦日でした」(アイドル誌ライター)

 現在はグループ活動を休止中だが、11月26日から全国の映画館でライブフィルム「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM“Record of Memories”」が上映される。この日は、大野智の誕生日。11月3日にドルビーシネマで先行上映されたが、この日は嵐のデビュー記念日だ。さらに、櫻井と堤幸彦監督が登壇したジャパンプレミアが東京・丸の内ピカデリードルビーシネマで開催されたのは9月15日。嵐が99年にハワイでデビュー会見を開いた日だった。

 縁起担ぎは嵐だけではなく、ほかのジャニーズも重視している。最強の開運日にCDデビューしたのは、Snow ManとSixTONES。20年1月22日に「SixTONES vs Snow Man」の名義で「Imitation Rain / D.D.」をリリースした。すると、累積売上枚数176.1万枚を突破して、同年のシングル売り上げランキングでトップに輝く快挙を達成した。

 そんなスノストに続けとばかりに、今年11月12日に関西ジャニーズJr.発のなにわ男子がデビューする。天赦日と大安が重なる日に、ファーストシングルCD「初心LOVE(うぶらぶ)」をリリースするのだ。なにわ男子のデビューは、今年7月28日に神奈川・横浜アリーナで開催したコンサートの昼公演で伝えられた。この日は「728」で“なにわの日”。かかる期待はふくらむばかりだ。

 これらはジャニーズ事務所が意図的に決めたものだ。ところが、創業者のジャニー喜多川氏とメリー喜多川氏は数奇な数字でこの世を去っている。

「ジャニーさんは19年7月9日に亡くなりましたが、この日は元SMAPの草なぎ剛の45歳の誕生日。メリーさんは今年8月14日に亡くなりましたが、この日は5年前にSMAPが解散を発表した日でした。四半世紀にわたってジャニーズに貢献したSMAPに縁があったのは、決して偶然とは思えません」(芸能レポーター)

 ジャニーズ大帝国は、こだわりと必然の積み重ねで築かれたのかもしれない。

(北村ともこ)

関連リンク

  • 11/12 10:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます