工藤遥、野球部の元マネージャー役に! 映画『ツーアウトフルベース』出演決定【コメントあり】

工藤遥が、2022年に全国公開される映画『ツーアウトフルベース』に出演することが決定した。

同作は、内田英治が脚本を担当し、デビュー作『レディ・トゥ・レディ』で注目を浴びた気鋭の新人監督・藤澤浩和が演出を手掛けた作品。

主人公・イチを演じるのは、7ORDERの阿部顕嵐。次から次へと訪れるピンチに翻弄されながらも立ち向かっていく姿を、初主演とは思えない堂々たる演技で体現した。

相棒・ハチ役は、ドラマや映画に立て続けに出演している板垣瑞生が務め、新境地を見せる。

また、野球部の元マネージャー・早紀役に工藤遥、2人を追い詰めるヤクザの組長・オニヘイ役に渋川清彦、不良グループのリーダー・ヒロポン役に後藤剛範と個性派俳優陣が顔を揃えた。

さらに、主題歌は7ORDER「レスポール」に決定。同曲は、企画プロデュースを担当したほかアントニオ役を演じた新羅慎二、音楽プロデューサー・大沢伸一が書き下ろした楽曲となる。

コメント

阿部顕嵐(イチ役):
僕の夢の1つでもある映画主演のお話をいただき、本当に嬉しかったです。映画は公開され、みなさんに観てもらうことで完成するので、今はまだ夢の途中です。脚本を初めて読んだ時、息をするのを忘れてしまうほど怒涛の展開で、すぐに読み終えました。このお話をいただく前から、内田英治さんの脚本作品は『下衆の愛』や『ミッドナイトスワン』など、ほかにも拝見していたので、今回、内田さんの世界で生きることができ光栄です。現場では藤澤監督をはじめ、素敵な方々とご一緒でき、この上ない幸せです。“ツーアウトフルベース”でギリギリの状態でしたが、たくさんの方に支えてもらい、楽しく自由に撮影をさせていただきました。作品は自分自身の人生とも重なる場面がたくさんありました。僕らしい、波瀾万丈でスリリングな、一瞬1秒たりとも見逃せない作品となってますので、ぜひスクリーンでご覧ください。グランドスラム叩き込みます!

板垣瑞生(ハチ役):
初めて台本を読ませていただいた時に、台本の面白さと今の自分にしかできないんじゃないかという気持ちになり、本気でこの役にぶつかって行きたいと覚悟が決まりました。撮影は、本当に素敵なスタッフのみなさんと監督の1回1回新鮮に受け止めてくれる姿に“なんでもやって自分を絞り出したい、どうやったらできるだろう”と、1カット1カットの挑戦が楽しみでしょうがなかったです! それに相方の顕嵐の男としての姿と気概がとても気持ちよく、タッグとして最高でした。この映画は生きていたらぶつかったり、ウマくいかなかったりして逃げてしまった時、その逃げからも逃走した人たちの話しだと思います。全力で走った結果どうなるかわからない人生を一緒に楽しんでください。

工藤遥(早紀役):
思い返せば、撮影中のすべてが青春の1ページのようです。ただ、やってることや出てくる人たちは、完全にアウトローです。なのに、憎めなくてどこか応援したくなるような魅力は、お2人をはじめ、藤澤監督や出演者のみなさんの人柄だと思っています。一筋縄ではいかない撮影期間でしたが、みなさまにお届けできることが決まり、安心しております。ぜひ、劇場でお楽しみください!

後藤剛範(ヒロポン役):
脚本で内田英治さんの頭の中を旅をしました。藤澤監督の尖った器を壊さないよう、新羅さんとの役を深める作業は音楽的で遊び心が刺激され、映画の撮影をしてるのか忘れるくらいとてもスリリングな撮影になりました。生き生きしまくってる若者たちと酒の匂いのするおっさんたちの玩具箱を、ぜひご覧ください。登場人物全員アホで愛らしいです。

渋川清彦(オニヘイ役):
苦手な関西弁やコロナなどとの闘いの中、なんとか走りきり、ヒロポン役の後藤君との対峙にしびれました。今の世は“ツーアウトフルベース”な感じの状況だが、映画には何かしら1発逆転できる力があると思っている。『ツーアウトフルベース』、期待しています。

藤澤浩和(監督):
内田英治さんのゴキゲンな脚本に、自分がレンタルビデオバイト時代に好きだった映画を詰め込んで、最高のスタッフとともに、伸び伸びと過激に作り上げました! 俳優部にはリハーサル時から、たくさんアイディアを貰って取り入れています。それぞれが今までに観たことのない、新しい素敵な顔を見せてくれています! お先真っ暗、アウトな奴らが踏まれても蹴られても立ち上がり、1発逆転を狙う一夜の物語。ご期待ください!!

内田英治(脚本):
まだ駆け出しの頃に書いた脚本を、藤澤浩和監督に映像化していただきました。ストレートで真っ直ぐな、犯罪巻き込まれ型ストーリー。自分では野球をやったことないのに、なぜか主人公たちが元野球部員という設定で、若手俳優たちが伸び伸びと演じています。あっという間の疾走映画です。お楽しみください!

新羅慎二(企画プロデュース・アントニオ役):
ほとんどの現場に付き合わせてもらったんですが、面白すぎて笑いを堪えるのに大変でしたよ。本当はオニヘイ役をやりたかったんですが、アントニオ役もやり甲斐ありました! 内田監督と藤沢監督とは、ストーリー作りの足し算引き算もキャスティングもやらせてもらいましたが、映画作りって究極のエンタメだなと思い、この先も映画作りに没頭する自分の未来を感じました! ぜひ、ご覧ください!

映画『ツーアウトフルベース』

出演:阿部顕嵐、板垣瑞生、工藤遥、諸星翔希、渡部龍平、趙珉和、宮崎秋人、成松修、佐野和真、新羅慎二、カトウシンスケ、後藤剛範、渋川清彦
企画プロデュース:新羅慎二
脚本:内田英治
監督:藤澤浩和
音楽:吉岡聖治
主題歌:7ORDER「レスポール」(日本コロムビア)
エグゼグティブプロデューサー:加藤和夫
プロデューサー:菅谷英智、中島裕作
キャスティングディレクター:杉山麻衣
宣伝プロデューサー:丸山杏子
撮影:伊藤麻樹
照明:井上真吾
美術・装飾:松塚隆史
編集:小美野昌史
録音:齋藤泰陽
助監督:米倉祐依
制作担当:原田博志
ヘアメイク:清水美穂
スタイリスト:神恵美
CG:若松みゆき
製作:日本コロムビア、KSR、東映ビデオ
制作プロダクション:RIKIプロダクション
配給:東映ビデオ

■ストーリー
堕落した日々を送る、元高校球児のイチとハチ。ひょんなことからヤクザと半グレ、さらには警察にまで追いかけられる人生最悪の1日が始まった。かつてはプロ入りが期待されるほどの高校球児だったイチとハチ。甲子園出場が決まり、明るい未来が待っているはずだったが、部内で起こった不祥事により出場が取り消されてしまい、そこから2人の転落人生が始まった……。10年後、薬物に溺れ堕落した生活を送っていた2人は、ひょんなことから町のヤクザに因縁をつけられ、ヤクザと不良グループによる血みどろの抗争に巻き込まれていく。まさに絶体絶命な状況に追い込まれる2人。思い出すのは、10年前の甲子園が決まったあの日のマウンド。二死満塁。2人はこの状況を打開できるのか? そして止まってしまっている人生の歯車をもう1度動かすことができるのか……。

関連リンク

公式サイト

©2022「ツーアウトフルベース」製作委員会

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/12 10:00
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます