手に持たず通話可能な子機付属 不審電話も冷静に対応できるコードレス電話機

拡大画像を見る

シャープは、デジタルコードレス電話機「JD-ATM1」シリーズを2021年11月18日に発売する。

迷惑電話の対策機能も充実

コードレス受話器に加え、手に持たず通話が可能な"てぶらスピーカーホン"タイプの子機「てもたん」を採用。不審な電話がかかってきた際、通話相手の声を「てもたん」を通じて聞けば耳元に密着した受話器から聞くよりも冷静に対応でき、特殊詐欺などの被害防止に役立つという。

音声で電話の着発信操作が行えるため、家事や仕事の手を止めずに"ながら電話"ができるほか、「スピーカーホン通話」機能を使用して「てもたん」を数人で囲みながら、友人や離れて暮らす家族などとの通話を楽しめる。

このほか着信時に、番号を登録した知人からの電話なら緑色、それ以外の番号なら赤色にフラッシュランプが点滅し、高齢者や子供にも分かりやすく表示する「あんしんフラッシュランプ」。着信/通話中にボタンを押すだけで、話したくない相手に断りのメッセージを流すとともに通話を自動で終了する「迷惑ストップボタン」など、警視庁および大阪府警察本部のアドバイスをもとに開発したという詐欺/迷惑電話の対策機能を搭載する。

カラーはホワイト系。

「てもたん」1台タイプ「JD-ATM1C」、「てもたん」1台と子機1台タイプ「JD-ATM1CL」2モデルを用意する。

いずれも価格はオープン。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 11/12 7:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます