陰キャ属性で「友達もできなかった」、キラキラ王子キャラSexy Zone中島健人が明かした意外な過去

拡大画像を見る

 11月7日放送の『日曜日の初耳学』(TBS系)で、Sexy Zoneの中島健人(27)が星野源(40)の“陰キャ”エピソードに深く共感し、共演者らを驚かせた。今回、の林修(56)の名物企画「インタビュアー林修」に星野が登場。

 その中で、今では人気者の星野が幼少期を回想し、「幼稚園ぐらいはすごい明るかったらしいんですけど、小学生になって社会性がだんだん増えてくるじゃないですか」「それに耐えられなかったみたいで、どんどん暗くなっていったらしいです」「親が言うには、“学校に行ったら一段階暗くなって帰ってくる”っていう」「毎日“ちょっとずつちょっとずつ暗くなって帰ってくる”って言ってましたね」と、意外な過去について語った。
 
 小学生時代にいい思い出がないという林は、星野に深く共感し「どっちかっていうとクラスの隅っこにいて、なんかよくわからない顔をしてた人のほうが今社会で活躍してる人が多いなって」「あくまで仮説です」と持論を展開。当時クラスの中心にいた人たちは「意外とみんなだいしたことない」と言い放ち、星野を苦笑いさせた。

 これに、タジオの中島も「それはわかる」と力強くうなずいていたが、星野は「暗いから良かったってことでもない」「僕の感覚としては明るくできたほうが本当は良かったっていう」と断りながらも、「でも、あのときにエネルギーを溜めてたのか、むしろ何かをこう考える時間があったからそれが良かったのかわからない」と現在について言及。

 星野は「小学校のクラスの空間ってそれ以外ないじゃないですか。そこが世界の終わりだと思ってたっていうか」「ってなると、もう俺は終わりなんだって思ってたんですけど、全然違うんですよね」と当時の自分の気持ちを分析した。

 この話にも深くうなずいていた中島は、「自分もクラスの中で1軍にはいなかったタイプ。どっちかっていうと本当に陰キャの属性だった」と振り返り、「端っこで窓際でいつも腕組んでかっこつけてるだけだった」「クラスのみんな敵だと思ってたんですよ。だから全然友達もできなかった」と、意外すぎる学生時代のエピソードを語った。

■過去にはイジメも経験

 中島の告白に、ロンドンブーツ1号2号の田村淳(47)は「全然想像できないね。今から」とビックリしていたが、視聴者からも「ケンティーが陰キャ?」「むしろ陰キャだったからファンサとかすごい優しいのか」「陰キャもジャニーズになれるのか」と驚きの声が続出した。

 中島は2015年にアイドル誌『Myojo』(集英社)で、中学生時代に受けたイジメについて告白していた。小学生時代の自分から生まれ変わろうと、中学生になってからは学級委員に立候補したり、学校行事に積極的に参加したりしていたが、そんな中島のことをよく思わなかったクラスメイトからイジメの標的にされ、ある日を境にクラスメイトから口をきいてもらえなくなったという。そんな苦しい中学生時代を送っていた中島だが、テレビで見たSMAPの姿を見て励まされ、それがジャニーズを目指すきっかけになったという。

 また2018年放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演した際には、小学生時代は陰キャで、当時さまざまなアニメキャラに憧れており、それに影響されて性格がコロコロ変わっていたそうで、そうした“キャラ変”を繰り返した結果、「いつの間にか周りから人がいなくなってた」と苦い思い出を告白したこともある。

 ジャニーズきってのキラキラ王子、みんなのケンティーとして活躍している中島だが、今の自分になるまでには並々ならぬ苦悩もあったようだ。

関連リンク

  • 11/12 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます