子どもの頃に一度は思い浮かんだのでは? 「パスタのストロー」がフォー専門店PHO’MIN下北沢店他にて11月11日より試験運用開始

拡大画像を見る

 阿部幸製菓は11月11日から、同社が米菓製造とパスタ製造の技術を応用して開発した、100%食品素材の「パスタストロー」を、同社の関連会社であるフォーミンジャパンの1号店「PHO'MIN下北沢店」や、自社直営店で試験運用する。

 パスタストローは、新規プロジェクトでパスタ商品を開発することになった開発部員の、“マカロニをストロー代わりにしたい”という子どもの頃の思いつきを形にするため開発された。
 開発当初は、単純にパスタを長くしても強度がなくストローとして使う必要な長さを確保できなかった。同社が昔から培ってきた米菓の製造技術を活かして、米菓の生産時に発生するロス部分を配合するなどして、約20cmの長さと一定の厚み、飲み物を飲み切るまで形を崩さない耐久性を実現している。
 素材が食品なので、誤って飲み込んでしまっても害はなく、また生分解性も高いため万が一ごみとして屋外に放置された場合でも、ある程度の水分を含むことで数時間から数日で分解される。
 パスタストロー提供店舗は、PHO'MIN下北沢店(東京都世田谷区)、食泉フレッシュネス小千谷店(新潟県小千谷市)で、試験運用本数がなくなり次第終了。

関連リンク

  • 11/12 7:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます