ジャニーズWEST桐山照史、中間淳太との「B.A.D.」時代語る「淳太くんがいなかったら俺もやる意味ない」

【モデルプレス=2021/11/12】12日放送のフジテレビ系『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』(25時5分~25時35分 ※関東ローカル)では、ジャニーズWEST特集の第3話が放送される。

◆中間淳太、クイズ番組出演は「自分にしかできないことで勝負しようって」

今年に入り、グループの冠番組が全国放送、また個々でもドラマや舞台の主演を務めるなど、躍進めざましいジャニーズWEST。しかし、最年長の中間淳太は「(デビューから)5年くらいは、なかなかの凪(なぎ)の中にいた。追い風も向かい風もない」と語る。そんな中間は、今年に入りクイズ番組への出演オファーが増えている。「他のメンバーは芝居に興味を持っている人が多いけど、全員がそこに行くと渋滞しちゃう。それやったら僕は、自分にしかできないことで勝負しようって、そっちに振り切っていますね」「学生時代より勉強している」と話す中間のノートは、クイズに備えて自ら調べた偉人たちのエピソードや雑学でびっしり埋まっていた。

また、朝のニュース情報番組にコメンテーターとして出演、自らの意見を発信している。中間は「ちゃんと調べて発言もします。僕がいらんことしたら、ジャニーズWEST全体に泥を塗ることになるんで」と、グループへの責任を語った。

◆桐山照史、中間淳太との「B.A.D.」時代語る

9月、桐山照史は主演舞台『赤シャツ』に挑んでいた。中間と桐山は、関西ジャニーズJr.時代に2人で「B.A.D.」としてユニットを組み、以来ずっと活動を共にしてきた。桐山は当時を振り返り「デビューさせてもらうために、ジャニーさんに直談判しにいったんですけど、ダメって言われたら辞めようと思っていた。淳太くんも“俺も辞める”って。淳太くんがいなかったら俺もやる意味ないでしょって」。その直談判は、一旦は却下される。しかし、翌朝ふたりは、ジャニー氏による奇跡のような光景を目にすることになる。

その時から、桐山は信念を持って仕事に取り組んでいる。「個人の仕事もグループのためにしかやってない。僕が演じたことで“あの子いいやん”と思ってもらって、それがきっかけでジャニーズWESTの曲を聞いてみようかな、と思ってもらうためにやっている」と語る。またグループセンターの重岡大毅は「メンバーって不思議で、家族みたいな、兄弟みたいな、友達みたいな、ライバルみたいな。漂っているんですよ。いろんな場所を。まあ、どんな場所でも、7人でやってりゃ何とかなるって思いますね」と話す。中間は「ドラマの主演やってるメンバーがいて、舞台の主演やっている奴がいて、クイズやってる奴がいて、歌番組で集まった時に“あ!ここ一緒のグループなんや”ってなる。それぞれがアベンジャーズ、そんなグループになりたいです」と語る。

メンバーたちが共に歩んできた、決して順調ではなかった時代。そして今、それぞれが抱くグループへの思いと目標が、明らかになる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/12 7:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます