TBS安住紳一郎アナ『THE TIME』スタート2か月で定着した「4%最下位」の座!ニュース番組なのに致命的な「足りないもの」!!

拡大画像を見る

 TBSの安住紳一郎アナウンサー(48)と俳優の香川照之(55)がMCを務める朝の情報番組『THE TIME,』(TBS系)がリニューアルに踏み切ってから約半月が経過した。

 TBSが社運を賭けていると言われる同番組は、10月1日に満を持してスタート。初回放送の平均世帯視聴率は6.5%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、個人視聴率3.4%と上々のすべり出しを見せたものの、すぐに下降。しばらく世帯視聴率4%台を推移していた。

 この状況を受けてか、わずか3週間後の10月25日、安住アナが「“いつものコーナーをいつもの時間に”、これが業界の鉄則なんですが、この『THE TIME,』、番組開始1か月経たずして、今日大幅に構成を変更いたします」と説明。

「大幅リニューアルの数日前から世帯視聴率は5%台に微増し、リニューアルからしばらくはその数字をキープしていた。ところが、ここ最近は世帯視聴率4%台、個人視聴率2%が定着してしまっています」(制作会社関係者)

 7時台の『THE TIME,』の11月8日の世帯視聴率は4.4%、個人視聴率2.4%。翌9日は世帯4.5%、個人2.4%、10日は世帯4.6%、個人2.4%と、連日ほぼ変わらない数字で推移している。

「スタート2か月目にして、世帯4%が定着してしまいましたね。同時間帯の『ZIP!』(日本テレビ系)、『めざましテレビ』(フジテレビ系)、『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)、は世帯7%後半から8%でしのぎを削っているんですが……」(前同)

 若年層は『ZIP!』と『めざましテレビ』を主に見ており、シニア層は『グッド!モーニング』を好んで見ているという。

「そんな中、『THE TIME,』は3%以上も水をあけられてしまっていて、断トツの最下位なんです。そして、その最下位という定位置から全く抜け出せそうにない『THE TIME,』に、今一番足りないと言われているのが“ニュースの本数”なんです。

 TBS局内でも、他局のライバル番組に比べて“絶対的にニュースが足りていない”という話がされています」(同)

■裏番組にあって『THE TIME,』にない“工夫”も

 報道・情報番組を謳うニュース番組にもかかわらず「ニュースが足りていない」とは驚きだが、たしかに同時間帯の『めざましテレビ』と比べても、5時台、6時台、7時台の各時間帯で『めざましテレビ』のほうが3本ほど、取り扱うニュースの数が多い。

「『THE TIME,』も当然そうでしょうが、『めざましテレビ』は秒単位で番組スケジュールが決まっていて、アナウンサーは時間通りに、間違わずに原稿を読む能力が厳しく問われます。井上清華アナ(26)の前任者である永島優美アナ(29)はそれが抜群に上手くて評価を上げました。

 それほど『めざましテレビ』はスピード感を持ってニュースを伝え、視聴者を飽きさせず、また少しでも多くの情報を伝えようとしています」(前出の制作会社関係者)

『THE TIME,』も『めざましテレビ』も取り扱うメインのニュースは似通っている。たとえば、11月11日には細木数子さん(享年83)の逝去と日本ハムの新庄剛志新監督(49)の最新動向が大きく取り上げられた。

「ただ、『めざましテレビ』は5時台、6時台、7時台で少しずつ切り口を変えて伝える工夫をしています。一方の『THE TIME,』はずっと同じニュースを繰り返しているように見えてしまうんです。また、『めざましテレビ』は、地方で起きた事故や事件などを入れ、各時間帯で取り上げるニュースを微妙に変えている。そうした工夫は『THE TIME,』にはほとんど見られないんです。

『ZIP!』や『グッド!モーニング』と比べても、『THE TIME,』で扱うニュースの数は少ないですよね」(前同)

■エンタメ情報でも『めざましテレビ』が上手

『THE TIME,』は『ZIP!』や『めざましテレビ』と同じように、エンタメ情報にも力を入れている。

「たしかにエンタメに割く時間は長い。ただ、『THE TIME,』はここでも各時間帯で変化が見えにくいですね。ただ、『めざましテレビ』などは、同じエンタメ情報でも合間にグルメやトレンドスポットの情報を挟むことで、視聴者の興味を引くんです。特に若い層は見たくなる構成になっている。

 朝の早い時間帯に2時間半の番組をずっと見ている人は少ないでしょう。それでも、視聴者は朝の忙しい中、ニュースにしてもエンタメ情報にしても1つでも多く伝えてくれることを望んでいる。その点で『THE TIME,』はライバル番組に後れを取っていると言えるのではないでしょうか」(前出の制作会社関係者)

 ニュース番組『THE TIME,』の「ニュース足りない問題」は2度目のリニューアルで改善されていくのだろうか!?

関連リンク

  • 11/12 6:55
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます